Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

ゲノム編集ブタ、ペット販売へ

投稿日: 更新:
印刷

中国BGIがゲノム編集で作出した研究用の「マイクロブタ」が、ペットとして発売されることになった。

2016-01-05-1451970791-3156131-forweb132A4457.jpg

BGIは、深圳国際バイオテク・リーダーズ・サミット(中国)で、マイクロブタをペットとして販売する計画を発表した。
BGI

最先端のゲノム編集技術から思わぬ副産物が誕生した。ペット用のマイクロブタだ。このブタは、成熟しても体重が中型犬と同程度の15kgほどにしかならない。

マイクロブタを作出したのは、ゲノム塩基配列解読分野での一連の画期的な業績で知られるBGI(中国深圳)だ。BGIは、ヒト疾患のモデル生物を開発するためにBamaという小さな品種のゲノムを改変して、より小型のブタを作り出した。2015年9月23日、中国で開催されていた深圳国際バイオテク・リーダーズ・サミットで、BGIはこのブタをペットとして発売すると発表した。

サミットでは、マイクロブタの価格が1万元(約19万円)と発表されたが、BGIの動物科学部門のテクニカルディレクターYong Liによると、この価格をつけたのは「市場を適切に評価するのに役立てる」ためにすぎないという。BGIの計画では、将来的には、ゲノム編集によってさまざま毛色や模様のブタを作出して顧客に提供することになるという。

ゲノム編集が生物学を魅了している今、この分野のパイオニアたちは、自分たちの技術がペットに応用されることは特に意外ではないと言う。しかし、警鐘を鳴らす科学者もいる。このブタは、TALENという酵素を使って特定の遺伝子を不活化する手法により作製されたが、TALENを使う技術の開発に関わったマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク(ドイツ)の遺伝学者Jens Bochは、「私たち人間が、地球上の他の動物の生命、健康、福祉に軽々しく大きな影響を及ぼしてよいのかという疑問があります」と言う。

ゲノム編集の多種多様な応用を規制する方法についてはさまざまな考え方があり、すでに科学者と世界各国の規制当局との話し合いが始まっている。BGIは、ゲノム編集をペット用動物の作に利用する行為は、マイクロブタ開発事業の中核をなす医学研究への応用と同様に規制される必要があると認めている。ペットの販売により得られた利益は、同研究所の医学研究に投資されることになっている。「これから顧客からの注文を受ける予定です。需要がどのくらいあるか探ろうとしています」とLi。

ブタは、ラットやマウスと比べて生理学的にも遺伝学的にもヒトに近く、ヒト疾患のモデル生物としてもっと役に立つ可能性があると期待されている。だが体が大きいため、飼育だけでなく、高価な実験薬の試験に必要な薬の量も多く、費用がかかる。そのため、研究にはBamaという品種のミニブタが用いられてきた。養豚場で飼育されているブタの多くは体重が100kg以上あるが、Bama種のブタは35~50kgだ。

BGIは、ミニブタよりもさらに小さいブタを作出するため、Bama種のブタの胎仔から細胞を採取し、細胞中の成長ホルモン受容体(GHR)遺伝子の2つあるコピーのうちの一方をTALENを使って不活化してから、クローンを作製した。GHRがないと、発生・成長の過程で細胞が「成長せよ」というシグナルを受け取ることができないため、小さいブタができる。

注目の的

BGIは、ゲノム編集で作出された小さな雄のクローンブタを、Bama種の普通の雌ブタと自然交配することで、さらにたくさんのマイクロブタを作った。この交配方法で生まれた仔ブタは半数しかマイクロブタにならないが、クローニングを繰り返すよりも効率がよく、クローニングに伴う健康問題の危険も回避することができる。Liによると、こうして作製された第二世代マイクロブタ20頭の中で健康に問題があるものはいないという。

彼はまた、マイクロブタが幹細胞や腸内微生物相の研究に役立つことがすでに証明されていると言う。体が小さいマイクロブタは、腸内細菌を入れ替えるのが容易なのだ。このブタは、ラロン症候群という、ヒトのGHR遺伝子の変異によって引き起こされるタイプの低身長症の研究にも役立つだろう。

BGIのブタゲノム編集プログラムの開発に協力したオルフス大学(デンマーク)の遺伝医学者Lars Bolundは、このブタをペットとして販売するという決定に驚いたが、BGIが深圳サミットの話題を独占したことは認めている。「私たちのブースには、どこよりも大きな人だかりができていました。誰もがマイクロブタに興味を持ち、抱きたがりました」と彼は言う。

米国では体重5kgの「ティーカップ」ブタが成長して50kgになってしまったと失望する人々のことが話題になったが、ゲノム編集マイクロブタは確実に小さいままでいる、とBGIの研究チームは話す。けれども、米国ネヴァダ州ラスベガス近郊でブタの保護活動を展開しているCrystal Kim-Hanは、ゲノム編集技術でペット用ブタが抱える他の欠点が解決できたわけではないと指摘する。室内に閉じ込められ、鼻や足で穴を掘ることができないブタは、物を壊すようになることがあるのだ。彼女はまた、マイクロブタには医学的な問題もあるのではないかと危惧している。

一部の研究者は、次の遺伝子操作のターゲットは犬か猫だろうと考えている。科学者も倫理学者も、ゲノム編集ペットは交配で品種改良された従来のペットと大きな違いはなく、作り出す効率が向上しただけだと見ている。これに対してハーバード大学メディカルスクール(米国マサチューセッツ州ボストン)の生物倫理学者Jeantine Lunshofは、「だからといって、動物の体を人間の好みに合わせて変えてよい理由にはなりません」と指摘し、どちらの手法も「人間に特有の美的好みを満たすためだけに生理的限界を無理に引き延ばすものです」と批判する。

ミネソタ大学(米国セントポール)の遺伝学者Daniel Voytasは、ゲノム編集技術を利用してヒトの疾患を緩和したり新しい品種の作物を開発したりする取り組みが、ゲノム編集ペットをめぐる騒ぎのせいで脱線したり混乱したりしないことを願っている。「この技術を安全かつ倫理的に利用するための指針を規制の枠組みとして確立し、その潜在的な能力が十分に発揮されるようになることを祈るばかりです」とVoytasは述べる。


Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1
| doi : 10.1038/ndigest.2016.160110

原文: Nature (2015-10-01) | doi: 10.1038/nature.2015.18448 | Gene-edited pigs to be sold as pets

David Cyranoski

【関連記事】
生命科学界の頭脳が続々とテクノロジー企業へ
Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160119
中国における幹細胞治療の危うさ
Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120731

Natureダイジェスト・オンラインマガジンを購読する

他のサイトの関連記事

ゲノム(ゲノム)とは - コトバンク

「ゲノム編集」作物じわり=品種開発が効率化、安全懸念も-米

京大チーム、中間細胞「iRS細胞」の作製に成功 ゲノム編集が容易に