BLOG

地球温暖化の停滞の分析

2017年05月14日 00時36分 JST

1998年のエルニーニョに伴って全球平均気温が急上昇した後、気候システムの温暖化が数年間鈍化し、わずかに寒冷化すらしたようである。

「停滞」、「中断」、「減速」とさまざまに呼ばれるこの期間は、エルニーニョと自然変動に対する我々の理解を踏まえると、意外なことではなかったはずである。

しかし、温暖化の鈍化が認識された直後には、モデルと観測の結果が乖離しているように思われ、重要な過程をモデルが見落としているのではないかという問題が提起された。

その後、地球温暖化は再開したが、この停滞現象は、活発な研究の引き金となった。

今回I Medhaugたちは、文献を統合し、モデルと観測証拠を再評価している。彼らの評価は、モデルとデータの間の見かけの矛盾を解消し、気候システムの根底にある物理に対する我々の理解を修正する必要性を除去している。

この停滞現象は、結局は自然変動の事象の1つだったのである。

Nature545, 7652

2017年5月4日

原著論文: Reconciling controversies about the 'global warming hiatus'

doi:10.1038/nature22315

【関連記事】

融解水の流出が棚氷を安定させる Nature544, 7650 2017年4月20日

更新世の間氷期のタイミング Nature542, 7642 2017年2月23日

氷床のハインリッヒイベントのモデル化 Nature542, 7641 2017年2月16日

海洋の酸素の減少 Nature542, 7641 2017年2月16日

海洋の鉛直循環が二酸化炭素の取り込みを制御する Nature542, 7640 2017年2月9日