BLOG

霊長類モデルで、発作を起こした心臓が幹細胞で回復

2016年10月25日 18時12分 JST | 更新 2016年10月25日 18時15分 JST

柴祐司(信州大学)たちは今回、軽度の免疫抑制を用いることで、心筋梗塞を起こした非ヒト霊長類の心臓に直接移植した同種異系iPSC由来心筋細胞が、生着・生存できたことを報告している。この移植細胞は宿主の心筋細胞と電気的に結合して、心収縮機能を改善した。

しかし今回の研究でも、胚性幹細胞由来心筋細胞を非ヒト霊長類の心臓に移植したこれまでの実験と同様に不整脈が見られたことから、この幹細胞治療を臨床にトランスレートするには、移植後の不整脈を制御するためのさらなる研究がまず必要だろう。

Nature538, 7625

2016年10月20日

原著論文:

Allogeneic transplantation of iPS cell-derived cardiomyocytes regenerates primate hearts

doi: 10.1038/nature19815

【関連記事】

がん幹細胞は脂質利用に依存する Nature538, 7623 2016年10月6日

造血幹細胞における骨髄細胞系譜の選択 Nature535, 7611 2016年7月14日

タンパク質合成と幹細胞性 Nature534, 7607 2016年6月16日

造血幹細胞の形成を解明 Nature533, 7604 2016年5月26日