ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

HIV細胞リザーバーのマーカーが初めて明らかに

投稿日: 更新:
印刷

HIV感染の治癒を阻む障壁となっているのは、細胞リザーバーでウイルスがしつこく存在し続けることであり、その主要なリザーバーは静止期のCD4 T細胞である。M Benkiraneたちは今回、HIV-1に感染した静止期CD4 T細胞の表面で発現上昇しているタンパク質を特定している。

このリザーバーで初めて見つかったマーカーであるこのタンパク質はFcγ受容体CD32aで、通常、リンパ系細胞ではなく自然免疫系のエフェクター細胞で発現する。リザーバー細胞上でのCD32a発現の機能的重要性はまだ分かっていないが、このマーカーが明らかになったことで、静止期CD4 T細胞HIVリザーバーの今後の研究に役立つだろう。

Nature 543, 7646
2017年3月23日

原著論文:
CD32a is a marker of a CD4 T-cell HIV reservoir harbouring replication-competent proviruses
doi:10.1038/nature21710

【関連記事】
意思決定のためのウイルス間コミュニケーション Nature 541, 7638 2017年1月26日
ピコルナウイルスの複製におけるPLA2G16の役割 Nature 541, 7637 2017年1月19日
結合したFluAポリメラーゼの構造を解明 Nature 541, 7635 2017年1月5日
メタトランスクリプトミクス解析で明らかになった多様性に満ちたウイルスの世界 Nature 540, 7634 2016年12月22日
ジカウイルスはマウスの精巣に損傷を与える Nature 540, 7633 2016年12月15日