BLOG

免疫細胞間の相互作用をLIPSTICで標識する

この方法はおそらく、他のin vitroやin vivo系にも応用可能だろう。

2018年01月31日 15時57分 JST | 更新 2018年01月31日 15時57分 JST
7activestudio via Getty Images

免疫系における細胞間相互作用を調べるための新規な方法を、G Victoraたちが報告している。

彼らがLIPSTIC(Labelling Immune Partnerships by SorTagging Intercellular Contacts)と呼ぶこの方法は、遺伝学的に改変された受容体–リガンド対を使う化学標識付け(タギング)によるもので、この過程には細菌の酵素ソルターゼが関わっている。

リガンド–受容体相互作用の履歴は、フローサイトメトリーもしくは顕微鏡法によって検出できるレポータータグの存在によって明らかになる。

著者たちはこの方法を使って、T細胞受容体がもはや相互作用に関わっていない非抗原特異的段階で、T細胞と樹状細胞の間で起こる予想外のCD40–CD40L相互作用を観察している。

この方法はおそらく、他のin vitroin vivo系にも応用可能だろう。

Nature553, 7689

原著論文: Monitoring T cell–dendritic cell interactions in vivo by intercellular enzymatic labelling

doi:10.1038/nature25442

【関連記事】

遺伝性難聴を治療する

Nature553, 7687 

RNAをノックダウンする、より効果的なCRISPR法

Nature550, 7675 

タンパク質の相互作用のマッピング

Nature545, 7655 

REXERを使ったコドンの置換

Nature539, 7627 

二本鎖切断をしないDNA編集

Nature533, 7603