Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

肝線維症を誘導する免疫細胞の種類

投稿日: 更新:
印刷

今回、審良静男(大阪大学)たちは、これまで知られていなかった単球と顆粒球の性質を併せ持つ新たな種類の細胞が、マウスのブレオマイシン誘発性肺線維症(最も一般的に用いられるヒトの肺繊維症の実験的研究モデル)の発症に重要であることを突き止めた。

この細胞は、SatM(segregated-nucleus-containing atypical monocyte)と名付けられ、転写因子C/EBPβの制御下で運命拘束された前駆細胞から分化する。

対応する「疾患特異的な単球/マクロファージサブタイプ」が特定の疾患ごとに存在することが他の研究グループから報告されており、著者たちは、SatMなどのこうしたサブタイプが、非常に特異的の高い治療標的として研究される可能性があると推測している。

Nature 541, 7635
2017年1月5日

原著論文:
Identification of an atypical monocyte and committed progenitor involved in fibrosis
doi:10.1038/nature20611

【関連記事】
C型レクチン受容体を介した抗HIV活性 Nature 540, 7633 2016年12月15日
S-2-ヒドロキシグルタル酸による幅広い免疫刺激 Nature 540, 7632 2016年12月8日
腸粘膜でのアポトーシスを起こした細胞のファゴサイトーシス Nature 539, 7630 2016年11月24日
ノンプロフェッショナル食細胞による組織炎症の制御 Nature 539, 7630 2016年11月24日
マクロファージのPI 3キナーゼγは免疫抑制を制御する Nature 539, 7629 2016年11月17日