BLOG

小細胞肺がんの遺伝学的原因

2015年08月10日 14時28分 JST | 更新 2016年08月06日 18時12分 JST
写真AC

今回、小細胞肺がん(SCLC)110例の全ゲノム塩基配列解読から、ほぼ全ての腫瘍において、腫瘍抑制遺伝子であるTP53RB1の両対立遺伝子の不活性化という特徴が見られることが明らかになった。

TP53およびRB1に変化が見られなかった腫瘍は2例のみで、これらの腫瘍では、クロモスリプシス(染色体粉砕)によるサイクリンD1の活性化が同様の分子レベルの影響をもたらしていた。さらに、小細胞肺がんの25%ではNOTCHファミリー遺伝子の不活性化変異が見られた。前臨床SCLCマウスモデルにおいては、Notchシグナル伝達の活性化により、変異マウスの腫瘍数が顕著に減少し、生存が延長した。

この研究から、最も致死的なヒトがんの1つにおける薬剤標的候補がいくつか明らかになった。

Nature524, 7563

2015年8月6日

原著論文:

Comprehensive genomic profiles of small cell lung cancer

doi:10.1038/nature14664

【関連記事】

ヌクレオチド再利用の特異性 Nature524, 7563 2015年8月6日

乳がんでのステロイド受容体のクロストーク Nature523, 7560 2015年7月16日

レナリドマイドの作用機構 Nature523, 7559 2015年7月9日