BLOG

分子メモリーが動作する温度の上昇に高まる期待

四半世紀に及ぶ研究にもかかわらず…

2017年09月13日 17時20分 JST | 更新 2017年09月13日 17時20分 JST

磁気双安定性を示す分子が発見されたことで、そうした分子系が磁気データ記憶装置の微小構成要素として利用できるとの期待が高まった。

しかし、四半世紀に及ぶ研究にもかかわらず、こうした分子が望ましい磁気特性を示す温度は、期待に背いて低いままである。

今回C Goodwinたちは、最高で60 Kという温度で磁気双安定性を示すジスプロソセニウム分子錯体を合成し特性評価したことを報告している。

この温度は、応用が現実味を帯び始める液体窒素温度にもう少しで届きそうなほどに近い。

Nature 548, 7668

原著論文: Molecular magnetic hysteresis at 60 kelvin in dysprosocenium

doi:10.1038/nature23447

【関連記事】

現場で水素を作るNature544, 7648

Nature543, 7647

Nature541, 7635

Nature539, 7628

Nature538, 7623