BLOG

ため息中枢ニューロンの発見

2016年02月23日 01時55分 JST | 更新 2017年02月20日 19時12分 JST

ため息は呼吸および呼吸生理の不可欠な要素であるが、この行動を制御するニューロン回路に関してはほとんど知られていない。

今回M Krasnowたちは、ため息を駆動しているのが、髄質に存在していて遺伝的に区別される、ニューロンの小さなサブセットであることを見いだした。

これらのニューロンは呼吸リズム発生器であるプレベツィンガー(preBötzinger)複合体(preBötC)に投射している。このつながりを抑制するとため息を完全に消失させることができたが、規則的な呼吸は影響されなかった。

著者たちは、特定のpreBötCニューロンが生理的入力、そしておそらくは感情的入力をも統合して、適切な時に規則的な呼吸をため息に転換するという機構を提案している。

Nature530, 7590

2016年2月18日

原著論文:

The peptidergic control circuit for sighing

doi: 10.1038/nature16964

【関連記事】

統合失調症の遺伝学 Nature530, 7589 2016年2月11日

網膜神経節細胞には多数の種類がある Nature529, 7586 2016年1月21日

神経発達障害のモデル Nature530, 7588 2016年2月4日