Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

原子核時計を実現するときが来たのか

投稿日: 更新:
印刷

原子遷移に基づいて時間を測定する原子時計の精度は、GPSナビゲーションや電波天文学などさまざまなシステムの機能に極めて重要である。

理論的には、核遷移の光学励起に基づく原子核時計は、安定性と小ささという観点から、原子時計よりさらに優れたものとなる可能性がある。

しかし、この用途に適した励起エネルギーが十分低い核状態は、トリウム229の第一励起状態のみであり、これは核ランドスケープ全体の中でおそらく最もエキゾチックな遷移で検出が極めて難しく、これまではいくつかの間接的な証拠しか得られていなかった。

今回L von der Wenseたちは、トリウム229原子核の時計遷移を、低エネルギーマイクロチャンネルプレートを用いて直接検出し、遷移エネルギーの限界を新たに定め、この状態の半減期を測定している。今回の結果は、原子核時計の実現に一歩近づいただけなく、この遷移に基づく核量子光学や核レーザーの可能性も示唆している。

Nature 533, 7601
2016年5月5日

原著論文:
Direct detection of the 229Th nuclear clock transition
doi:10.1038/nature17669

【関連記事】
アルファ-アルファ散乱を計算する方法 Nature 528, 7580 2015年12月3日
競合する二重ガンマ崩壊 Nature 526, 7573 2015年10月15日
検証にかけられたCPT定理 Nature 524, 7564 2015年8月13日
ゼロ知識による核安全保証 Nature 510, 7506 2014年6月26日