BLOG

67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の有機物質

2016年10月14日 16時55分 JST

2016-10-06-1475790657-8439837-85558.jpg

太陽に接近中の67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。彗星核の表面から物質が噴き出しているのが見て取れる。

Credit: ESA/Rosetta/NavCam - CC BY-SA IGO 3.0

欧州宇宙機構(ESA)の探査機ロゼッタに搭載された二次イオン質量分析計COSIMAによって、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の近傍で2万7000個を超える粒子が検出されている。

そのうちの200個以上の粒子がこれまでに分析されており、こうした粒子のうちKennethとJulietteと名付けられた2つについてさらに行われた化学分析結果が、今回示されている。

その結果から、炭素が非常に大きな高分子化合物中に束縛されていて、炭素質コンドライト隕石に見られる不溶性有機物質に類似した、固体有機物質の存在が明らかになった。

観測された彗星由来の固体の炭素質物質は、隕石由来の不溶性有機物質と同一起源の可能性があるが、彗星に取り込まれる前と後、あるいは前か後でそれほど変質しなかったと著者たちは結論している。

Nature 538, 7623

2016年10月6日

原著論文

High-molecular-weight organic matter in the particles of comet 67P/Churyumov-Gerasimenko

doi:10.1038/nature19320

【関連記事】

ロゼッタが一掃きした彗星の塵 Nature537, 7618 2016年9月1日

月の極移動 Nature531, 7595 2016年3月24日

近傍にある岩石質で地球サイズの惑星GJ 1132b Nature527, 7577 2015年11月12日