BLOG

変異型p53はヒストンメチル化と関連する

2015年09月16日 23時53分 JST | 更新 2016年09月14日 18時12分 JST

野生型p53は腫瘍抑制因子であるが、p53の変異はがんを促進することがあり、こうした発がん型の一部は機能獲得変異である。S BergerたちはChIP-seq解析を用いて野生型と機能獲得変異p53のゲノム結合パターンを比較し、p53変異体は野生型タンパク質と比べて異なる遺伝子群に結合し、その重要な標的にはヒストンメチルトランスフェラーゼMLL1とMLL2、および他のクロマチン修飾酵素が含まれることを明らかにした。機能獲得p53変異細胞の増殖はMLL経路に強く依存し、MLL機能の低分子阻害薬に感受性であることは、これらのp53変異を持つがんに対する新たな治療経路を示している。

Nature525, 7568

2015年9月10日

原著論文:

Gain-of-function p53 mutants co-opt chromatin pathways to drive cancer growth

doi:10.1038/nature15251

【関連記事】

変異型PIK3CAが乳腺細胞の運命に与える影響 Nature525, 7567 2015年9月3日

がんとの関連が明らかになった細胞ストレスとオートファジー Nature524, 7565 2015年8月20日

小細胞肺がんの遺伝学的原因 Nature524, 7563 2015年8月6日