Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

四肢麻痺における筋応答の部分的回復

投稿日: 更新:
印刷

2016-05-15-1463316496-6994293-74372.jpg

今回の「神経バイパス」技術で可能になった、コップの取っ手を握って傾け、中身を出すという動作。この他にもクレジットカードを財布から出したり、それを読み取り機にスワイプさせたりといった、日常生活に関連した複数の運動が可能になった。 Credit: Ohio State University Wexner Medical Center/ Battelle

今回、麻痺患者の運動を回復させるために、大脳皮質運動野から皮質内植え込み電極で記録した信号を、前腕筋の活動にリアルタイムでリンクさせられることが示された。運動野の信号を解読して用いることで、患者の腕に巻いたスリーブに仕込まれた神経筋電気刺激システムを制御した。

このシステムで各指の動きをそれぞれ制御でき、永続的な脊髄損傷を負った24歳の男性患者は、これを使って6種の異なる手首と手の随意運動が可能になり、対象物を握り・操り・放すことができるようになった。

Nature 533, 7602
2016年5月12日

原著論文:
Restoring cortical control of functional movement in a human with quadriplegia
doi:10.1038/nature17435

【関連記事】
何枚もの視覚野地図 Nature 533, 7601 2016年5月5日
皮質興奮性ネットワークのコネクトミクス Nature 532, 7599 2016年4月21日
夜の色覚 Nature 532, 7598 2016年4月14日