BLOG

腸でのペクチンの分解

2017年04月17日 01時24分 JST

ラムノガラクツロナンII(RG-II)は、知られている中で最も複雑なグリカンである。

RG-IIはネアンデルタール人の時代からヒトの食物の特徴の1つであり続けてきたが、この多糖類を分解する機構は分かっていない。

著者たちは今回、腸におけるRG-IIの分解に関わる重要な過程と酵素ファミリーを解明している。バクテロイデス門の単一の腸内細菌が、RG-IIの21のグリコシド結合について、1つを除き全て切断することによって、この複雑な基質を代謝することが分かった。

この分解過程には、新たに発見された7つのグリコシドヒドロラーゼファミリーと共に、既知のいくつかの酵素の新しい触媒機能が関与していた。この研究は、ヒトの腸内微生物相の細菌によるグリカンの分解機構と、それらの細菌が希少糖を利用するためにこれらの分解とともに進化してきた仕組みについて深く追究したものである。

Nature544, 7648

2017年4月6日

原著論文:Complex pectin metabolism by gut bacteria reveals novel catalytic functions

doi:10.1038/nature21725

【関連記事】

メタン触媒の分子構成 Nature543, 7643 2017年3月2日

EPRSは脂肪症と老化に影響を及ぼす Nature542, 7641 2017年2月16日

セキュリンによるセパラーゼの阻害 Nature542, 7640 2017年2月9日

PCNAをSUMO化する仕組みの解明 Nature536, 7616 2016年8月18日

GPCRでのアゴニスト結合 Nature535, 7610 2016年7月7日