BLOG

相転移材料は次の局面へ

2017年06月07日 23時28分 JST | 更新 2017年06月07日 23時29分 JST

イオン種の電気的な挿入と脱離に応答して相転移する材料は、動作できる気候の範囲が広い電池や、通過する光や熱の量を制御できるスマートウインドウなど、さまざまな用途に利用されている。N Luたちが今回報告しているように、移動可能なイオン種の数を増やすことによって、材料系の機能性が大幅に向上する可能性がある。具体的には、酸素イオン(O2−)と水素イオン(H+)の電気的な挿入と脱離を独立に制御することで、光学的、電気的、磁気的特性が全く異なる3つの材料相を可逆的に転移させられる材料系が報告されている。今回の知見によって、相転移材料の応用の幅がさらに広がる可能性がある。

Nature546, 7656

2017年6月1日

原著論文: Electric-field control of tri-state phase transformation with a selective dual-ion switch

doi:10.1038/nature22389

【関連記事】

凍結電荷による伝導 Nature545, 7652 2017年5月4日

熱の量子 Nature545, 7652 2017年5月4日

顕微鏡下の振動 Nature543, 7646 2017年3月23日

量子スピン液体であることが明らかになったYbMgGaO4 Nature540, 7634 2016年12月22日

極低温のルビジウム87をかき混ぜるのではなく揺さぶる Nature539, 7627 2016年11月3日