BLOG

波を生み出す液晶膜

2017年07月14日 15時23分 JST | 更新 2017年07月14日 15時23分 JST

液晶ネットワークは、高分子からなる架橋ポリマーが自己組織化して液晶相を形成するものである。液晶ネットワークは、熱、電場、光などの刺激に対して応答するようプログラムすることで、こうした刺激を力学的仕事や巨視的な変形に変換できる。

今回D Broerたちは、シス体からトランス体への熱緩和が高速で起こるアゾベンゼンを開発し、これを液晶ネットワークに組み込んで光活性ポリマー膜を作製した。

このポリマー膜は光を照射すると変形し、膜の一部が影になってそれ以上光が当たらなくなる。次に、急速な緩和によってフィードバックループが始まり、膜全体に連続的な振動波運動が生じる。

著者たちは、この振動運動を活用して、自己推進による移動と自浄表面の初歩的なものを実証している。

Nature546, 7660

2017年6月29日

原著論文:

Making waves in a photoactive polymer film

doi:10.1038/nature22987

【関連記事】

みぞれ状の強誘電体 Nature546, 7658 2017年6月15日

タコから着想を得た粘着パッチ Nature546, 7658 2017年6月15日

超高密度な析出物が超高強度鋼を作る Nature544, 7651 2017年4月27日

ガラスを3D印刷する Nature544, 7650 2017年4月20日

結晶のエネルギー-構造-機能マップ Nature543, 7647 2017年3月30日