BLOG

一夫一妻制ハタネズミの社会的絆形成

2017年06月23日 15時28分 JST | 更新 2017年06月23日 15時28分 JST

2017-06-10-1497066486-9724560-105850.jpg

互いに身を寄せ合うハタネズミの雄と雌。

Credit: Zack Johnson

多くの哺乳類種は一夫一妻型のペアの絆を形成しないが、プレーリーハタネズミ(Microtus ochrogaster)はそうした絆を形成する。

報酬処理ネットワークをなす脳結合領域でのオキシトシンおよびドーパミン信号が社会的絆形成行動を促すとされているが、その神経機構は明らかになっていなかった。

今回R Liuたちは、ハタネズミの前頭前野と側坐核の間の結合で活動を刺激すると、交尾を伴わなくても、提示されたパートナーに対する雌の嗜好に偏りが生じることを示している。

これは、この結合が単に社会的絆形成と相関しているのではなく、それを実際に強化できることを示唆する。今回の知見により、脳の報酬系が社会的相互作用によって動員されて社会的絆を形成し得る仕組みが明らかになった。

Nature546, 7657

2017年6月8日

原著論文:

Dynamic corticostriatal activity biases social bonding in monogamous female prairie voles

doi:10.1038/nature22381

【関連記事】

頭の向きを変えるニューロン Nature546, 7656 2017年6月1日

視索前野の睡眠促進ニューロン Nature545, 7655 2017年5月25日

ゼブラフィッシュの脳地図作成 Nature545, 7654 2017年5月18日

軸索に対するネトリン1の影響を再考する Nature545, 7654 2017年5月18日

持続的な神経興奮が運動計画を支援する Nature545, 7653 2017年5月11日