BLOG

害虫のBt毒素耐性に打ち勝つ

2016年05月14日 17時03分 JST | 更新 2017年05月13日 18時12分 JST

2016-05-12-1463042645-6914140-73256.jpg

さまざまな植物の葉を食害するイラクサギンウワバの幼虫。Credit: gaurav_gadani/iStock / Getty Images Plus/Getty

細菌Bacillus thuringiensis由来の殺虫性タンパク質であるδエンドトキシン(Bt毒素)に対して耐性を持つ昆虫の出現によって、遺伝子操作でBt毒素を導入した作物の有効性の低下が懸念されている。

今回D Liuたちは、ファージ補助型連続的進化(PACE)選択法を使って、高親和性のタンパク質-タンパク質相互作用を迅速に進化させる方法を開発し、この系をBt毒素に適用して、昆虫の消化管細胞にある新しい標的タンパク質[イラクサギンウワバ(Trichoplusia ni)のカドヘリン様受容体]に結合してこの害虫を殺す変異型Bt毒素を進化させた。

これらの変異型Bt毒素は、Bt毒素に対する耐性に打ち勝って効果を示し、その致死性は耐性を持たない昆虫に対する野生型Bt毒素のものに近かった。

Nature533, 7601

2016年5月5日

原著論文:

Continuous evolution of Bacillus thuringiensis toxins overcomes insect resistance

doi: 10.1038/nature17938

【関連記事】

高精度の遺伝子編集 Nature529, 7587 2016年1月28日

タンパク質翻訳を改善する Nature529, 7586 2016年1月21日

ゲノム編集に使える小さなCas9系酵素 Nature520, 7546 2015年4月9日

より安全なGMOを作るための2つのルート Nature518, 7537 2015年2月5日