BLOG

温暖化する世界のためのイネ品種

2015年08月04日 01時32分 JST | 更新 2016年08月02日 18時12分 JST

強力な温室効果ガスであるメタンの全球排出量の7〜17%は水田に由来し、この数字は、食糧需要の高まりに応えて稲作が拡大するにつれて大きくなる可能性が高い。

今回、種子や茎のバイオマスおよびデンプン含量は増加していながら、メタン放出量や根圏のメタン生成菌レベルは低下しているという、新たなイネ品種が開発された。この新しいイネ系統は、オオムギの転写因子SUSIBA2をコードする単一遺伝子を従来のイネ栽培品種に導入することで作出された。SUSIBA2は、光合成産物を根よりも地上部バイオマスに多く分配するような炭素フラックスの変化をもたらす。「高デンプン・低メタン放出」のイネは、温暖化する気候下で、高品質のバイオマスを提供しつつ、大気中への温室効果ガスの放出に稲作が及ぼす負の影響を低減するための、持続可能な手段の1つを示している。

2015-07-31-1438305026-4656334-50736.jpg

イネの根の蛍光顕微鏡画像。通常のイネの根(左)にはメタン生成菌が多く見られるが、SUSIBA2イネの根(右)では少ない。

Credit: Chuanxin Sun and Anna Schnürer

Nature523, 7562

2015年7月30日

原著論文:

Expression of barley SUSIBA2 transcription factor yields high-starch low-methane rice

doi:10.1038/nature14673

【関連記事】

米国ニューイングランド地方での気温の変動と死亡率 Nature Climate Change 2704 2015年7月14日

熱を感じる:フトアゴヒゲトカゲでは性転換によって性決定機構が遺伝性から環境依存性に切り替わる Nature 523, 7558 2015年7月2日

地球温暖化を放置すれば過去300万年間になかったような海洋生態系の変化が起こるかもしれない Nature Climate Change 2650 2015年6月2日