BLOG

SERINC5は天然の抗レトロウイルス薬である

2015年10月12日 23時32分 JST | 更新 2016年10月12日 18時12分 JST

HIV-1に対するこれまで知られていなかった抑制因子が、M PizzatoたちのグループとH Göttlingerのたちのグループによって明らかにされた。HIV-1がNefタンパク質を欠くと、宿主細胞の複数回膜貫通タンパク質であるSERINC3とSERINC5が組み立て中のウイルス粒子へと取り込まれ、HIV-1の感染を強く阻害する。Nefタンパク質は通常はHIV-1で発現されていて、SERINC3とSERINC5を細胞表面から減らすことでその働きに対抗し、これらがウイルス粒子へ取り込まれるのを防いでいる。このような知見は、SERINC5とそれよりは活性が弱いSERINC3が長らく探索されていた抗HIV-1活性を持つ因子であり、その作用がNefにより抑えられていることを明らかにしている。今回の結果によって、SERINC5が抗HIV-1治療の基盤になる可能性が浮上してきた。

Nature526, 7572

2015年10月8日

原著論文:

HIV-1 Nef promotes infection by excluding SERINC5 from virion incorporation

doi:10.1038/nature15399

SERINC3 and SERINC5 restrict HIV-1 infectivity and are counteracted by Nef

doi:10.1038/nature15400

【関連記事】

インフルエンザウイルスのエアロゾルによる伝播 Nature526, 7571 2015年10月1日

中国でのH7N9インフルエンザウイルスの進化と広がり Nature522, 7554 2015年6月4日

ゲノムに残ったウイルスの「化石」 Nature463, 7277 2010年1月7日