BLOG

抗アテローム性動脈硬化作用のシグナル伝達

2016年12月28日 00時40分 JST

2016-12-26-1482765182-7369591-92242.jpg

プラークが形成され血流が滞っている血管(イメージ画像)。

Credit: EduardHarkonen / iStock / Getty Images Plus / Getty

Hippoシグナル伝達経路のエフェクターであるYAPとTAZは、機械的刺激のセンサーであることが以前に報告されている。

今回Y Huangたちは、これらの分子は血流により生み出される機械力を感知し、アテローム性動脈硬化の病態発現に関与することを示している。

アテローム性動脈硬化プラークは血流が乱れた領域に形成される。著者たちは、乱流はYAP/TAZ活性を増大させて炎症誘発性遺伝子の発現を上昇させるが、安定した一方向性のせん断流はインテグリンの活性化を介してYAP/TAZ活性を抑制することを明らかにした。

さらに、マウスで内皮細胞特異的YAPノックダウンがアテローム性動脈硬化プラーク形成を妨げることも分かった。本研究は、インテグリン-Gα13-RhoA-YAP経路がアテローム性動脈硬化に対する新たな標的候補であることを示している。

原著論文:

Integrin-YAP/TAZ-JNK cascade mediates atheroprotective effect of unidirectional shear flow

doi:10.1038/nature20602

【関連記事】

出生時の体重と病気のリスクの関連 Nature538, 7624 2016年10月13日

心疾患に伴うフルクトース代謝 Nature522, 7557 2015年6月25日