BLOG

皮膚は異常増殖を修正することでその形状を維持する

2017年08月21日 23時54分 JST | 更新 2017年08月21日 23時55分 JST
ByczeStudio via Getty Images
human skin texture animal leather pattern light white complexion background

細胞では頻繁に変異が起こるが、それらの細胞が巨視的な腫瘍になることはまれである。これらの異常細胞に対し、体がどのように対応しているのかは分かっていない。

V GrecoとS Beronjaたちは今回、腫瘍の増殖を誘導することが知られている遺伝的変異を有する皮膚幹細胞を持つトランスジェニックマウスを作製した。彼らは生体内画像化法を用い、活性型Wnt/βカテニンあるいは発がん性Hrasの発現によって過増殖物が生じ、その後退縮することを見いだしている。

皮膚組織構造の変形は、過増殖物の退縮に直接関係していた。変異細胞を含む異常構造の除去には、隣接する野生型細胞の働きが必要だった。変異細胞は除去されるか、機能的な皮膚付属器に統合された。

面白いことに、レーザー組織切除を用いて皮膚組織構造を物理的に操作しても、同様の方法で修正される。

Nature548, 7667

2017年8月17日

原著論文: Correction of aberrant growth preserves tissue homeostasis

doi:10.1038/nature23304

【関連記事】

幹細胞発生の抑制因子 Nature548, 7666 2017年8月10日

視床下部は老化速度を制御する Nature548, 7665 2017年8月3日

ヒト誘導多能性幹細胞の変動をマッピングする Nature546, 7658 2017年6月15日

P53変異を持つヒト多能性幹細胞の増幅 Nature545, 7653 2017年5月11日

骨髄の緊急時の血液バンク Nature544, 7648 2017年4月6日