BLOG

ペルセウス座銀河団に見られる静穏なフロー

2016年07月11日 19時29分 JST | 更新 2017年07月11日 18時12分 JST

ひとみコラボレーションから、全天で最も明るいX線放射銀河団であるペルセウス座銀河団のコアのX線観測結果が報告されている。一般的にそうした銀河団は、重力によって束縛された数十から数千の銀河からなり、小規模な宇宙論的過程のモデルと大規模な天文学的過程のモデルとして研究されている。今回のデータから、ガス速度が非常に小さく、視線方向の速度分散が中心核から30~60キロパーセク離れた位置で毎秒約164 kmという、ペルセウス座銀河団のコア内の非常に静穏な大気が明らかになった。

Nature535, 7610

2016年7月7日

原著論文: The quiescent intracluster medium in the core of the Perseus cluster

doi:10.1038/nature18627

【関連記事】

ブラックホール合体の検出に向けたロードマップ Nature534, 7608 2016年6月23日

孤立銀河に見つかった超大質量ブラックホール Nature532, 7599 2016年4月21日

星形成にあった2回目のチャンス Nature529, 7587 2016年1月28日