BLOG

2チャネル近藤物理が臨界となる

2015年10月12日 23時08分 JST | 更新 2016年10月12日 18時12分 JST

絶対零度の量子相転移とそれに伴う量子臨界点は、重いフェルミオン物質など多くの強相関電子系のエキゾチックな有限温度挙動の基盤であるとされ、おそらく高温超伝導体でもそうであろうと考えられている。しかし、量子相転移の微視的起源を特定することは、難題で議論の的になると考えられる。今回2つの補完的な論文で、Z IftikharたちとA Kellerたちは、こうした挙動をナノ電子量子ドットで起こす方法を示している。これによって量子臨界挙動の精巧な実験的制御と、厳密な理論的特性評価の両方が可能になる。

Nature526, 7572

2015年10月8日

原著論文:

Universal Fermi liquid crossover and quantum criticality in a mesoscopic system

doi:10.1038/nature15261

Two-channel Kondo effect and renormalization flow with macroscopic quantum charge states

doi:10.1038/nature15384

【関連記事】

中性子光学における軌道角運動量の制御 Nature525, 7570 2015年9月24日

バルク固体における高次高調波放射 Nature523, 7562 2015年7月30日

自由電子の量子制御 Nature521, 7551 2015年5月14日