BLOG

マンノシドで尿路感染症を減らす

2017年06月27日 22時10分 JST | 更新 2017年06月27日 22時10分 JST

尿路病原性大腸菌(UPEC)は、市中感染型の尿路感染症(UTI)の80%と、院内感染型UTIの65%の原因であり、合わせて年間1億5000万人が罹患している。UPECは腸内で病原巣を確立するが、この過程に関わる要因については不明であった。

今回S Hultgrenたちは、F17様線毛および1型線毛が、いずれもUPECの腸内定着を促し、結腸陰窩に沿って分布する上皮細胞上の異なるグリカンに結合することを明らかにしている。1型線毛の付着機能を阻害する高親和性マンノース類似体のマンノシドM4284を用いると、UPECの腸内定着を効果的に減少させられることが示された。M4284の使用は同時にUTIにも効果を示し、腸内微生物相の構成を大きく乱すことはなかった。

著者たちは、マンノシドによるこうした腸内UPECの選択的除去が、UTIの発生を減少させるために使える可能性を示唆している。

Nature546, 7659

2017年6月22日

原著論文: Selective depletion of uropathogenic E. coli from the gut by a FimH antagonist

doi:10.1038/nature22972

【関連記事】

Nature最新号