BLOG

人獣共通感染症ウイルスの分布パターン

2017年07月13日 16時11分 JST

2017-07-10-1499662555-3702275-107324.jpg

野生のルーセットオオコウモリからの採血の様子(タイにて)。

Credit: EcoHealth Alliance

人獣共通感染症のウイルスは、多くが野生の哺乳類を起源とし、世界の公衆衛生における深刻な脅威となっている。

今回P Daszakたちは、哺乳類宿主とウイルスの間の関係についての包括的なデータベースを作成し、その解析から哺乳類におけるウイルスの多様性パターンおよび人獣共通感染症ウイルスの分布を明らかにしている。

任意の1種に感染するウイルスの数や多様性に影響を及ぼすさまざまな因子に加えて、種ごとの人獣共通感染ウイルスの割合を予測する因子が突き止められた。

今回の研究ではさらに、新規の人獣共通感染症が見つかると考えられる哺乳類種や地理的地域も明らかになった。

Nature546, 7660

2017年6月29日

原著論文:

Host and viral traits predict zoonotic spillover from mammals

doi:10.1038/nature22975

【関連記事】

季節性インフルエンザウイルスの地球規模の広がり Nature523, 7559 2015年7月9日

新たな抗マラリア薬 Nature522, 7556 2015年6月18日

腸内細菌がClostridium difficile耐性をもたらす Nature517, 7533 2015年1月8日

乾季の蚊はどこへ? Nature516, 7531 2014年12月18日