BLOG

ボルバキア菌による昆虫の生存操作

2017年03月13日 16時14分 JST | 更新 2017年03月13日 16時14分 JST

2017-03-10-1489118563-8362109-97902.jpg

宿主である昆虫の精巣(青色で染色)に感染したボルバキア(赤色で染色)の顕微鏡画像(倍率は100倍)。

ボルバキア属(Wolbachia)の細菌はさまざまな節足動物に感染し、こうした節足動物にはヒトに感染する多くのウイルスを媒介する蚊も含まれる。ボルバキアの感染では「細胞質不和合」という現象が起こり、感染した雄と非感染の雌との交配で生じた胚が死に至るために、集団中での感染雌の割合が上昇する。

この不和合の分子基盤はこれまで不明だった。今回S Bordensteinたちは、比較解析と遺伝子導入の手法を用いて、ボルバキア由来のプロファージWOがコードする2つの遺伝子が、細胞質不和合を再現することを見いだしている。これらの細胞質不和合性因子の発見により、WOに誘導される生殖変化を遺伝的に操作できるようになり、節足動物が媒介するウイルスのヒトへの伝播を制御するための試みが後押しされる可能性がある。

Nature543, 7644

2017年3月9日

原著論文:

Prophage WO genes recapitulate and enhance Wolbachia-induced cytoplasmic incompatibility

doi:10.1038/nature21391

【関連記事】

真核生物の性質を持つアーキア Nature541, 7637 2017年1月19日

ダイエット後に体重が増える仕組み Nature540, 7634 2016年12月22日

治療薬になる可能性が見えてきた抗菌物質ミクロシン Nature540, 7632 2016年12月8日

mavirusプロヴィロファージは宿主の原生生物を防御する Nature540, 7632 2016年12月8日

環境中の非メタン炭化水素の酸化 Nature539, 7629 2016年11月17日