アンドレイカ

Pascal

200回でもやり直せ!

最近知ったふたつの素晴らしい業績のトライアルの数が、200回だった。ひとつは、『本泥棒』というマークース・ ズーサック氏のベストセラー小説だ。