安楽死

「パラリンピックが終わったら安楽死を考えている」金メダリスト、病と闘う苦しみを明かす【UPDATE】

The Huffington Post | Ryan Grenoble | 投稿日 2016年09月13日

痛みがひどくて10分しか寝られない夜もあるんです。

殺処分を免れたネコ、命の恩人にスリスリ(動画)

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月05日

ネコのヘンリーが、自分の運命を知っていたのかは分からない。でも、命の恩人に全身で喜びを表現した。

「死ぬ権利」法が成立 カトリックのカリフォルニア州知事はどう決断したのか

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年10月06日

法案可決後、キリスト教の神学校に通っていたブラウン知事が法案に署名するかどうかに注目が集まっていた。

安楽死・尊厳死を合法化する「死ぬ権利」法案、カリフォルニア州で可決

The Huffington Post | Mollie Reilly | 投稿日 2015年09月13日

アメリカ・カリフォルニア州の議会で9月11日までに、安楽死・尊厳死を合法化する「死ぬ権利」法案が可決した。

「死ぬ権利」根強い反対でカリフォルニア州では成立せず

The Huffington Post | Lydia O'Connor | 投稿日 2015年07月09日

カリフォルニア州では「医師による安楽死を認める法案」が6月4日に上院で可決されていたが、カトリック教徒が多い地域出身の議員からの反対を受けて下院への提出が断念された。しかしこの法案の推進者たちはまだ諦めていないようだ。

ホーキング博士「これ以上何も貢献できないと思ったら幇助自殺も考える」

The Huffington Post | Nick Visser | 投稿日 2015年06月05日

著名な理論物理学者スティーブン・ホーキング博士(74)は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病状があまりに悪化したり、これ以上生産的な生活を送れないと感じたら、医師の幇助(ほうじょ)による自殺で、人生の幕を閉じることも考えると語った。

尊厳死について知らなかったこと

佐藤由美子 | 投稿日 2015年01月10日
佐藤由美子

がんで死ぬということは、自分のコントロールを少しずつ失うということです。そんな時、尊厳死という「選択」が与えられたことで、そのコントロールを少しでも取り戻すことが出来るのかもしれません。

尊厳死と安楽死、日本は区別 「アメリカのケースは自殺幇助」と専門家

朝日新聞デジタル | 辻外記子 | 投稿日 2014年11月03日

日本国内では、回復の見込みがなくなった人の死期を、医師が薬などで早めることを「安楽死」とし、患者の意思を尊重して延命治療をやめる「尊厳死」と分けている。

尊厳死予告の29歳女性が死亡 最期のメッセージは「さようなら、世界のみなさん」

The Huffington Post | Alana Horowitz | 投稿日 2014年11月03日

オレゴン州在住の女性、ブリタニー・メイナードさんは、末期癌という診断を受け、 尊厳死の選択という患者の権利を積極的に提唱してきた。地元紙「オレゴニアン」によると、ブリタニーさんは11月1日に29歳で死去した。

「私は死にたくない」米29歳女性をめぐる「安楽死」大論争

新潮社フォーサイト | 投稿日 2014年12月23日
新潮社フォーサイト

彼女は自分の病気の予後や終末期医療などについて慎重に考慮して、自宅のあるカリフォルニア州サンフランシスコ湾岸地域から、オレゴン州に転居することを決断しました。

「私は11月1日に死にます」尊厳死を選んだ29歳の女性は、どうしてここまで前向きに人生を語れるのか(動画)

The Huffington Post | Sarah Barness | 投稿日 2014年10月15日

ブリタニー・メイナードさんは11月1日に死ぬことを計画している。そして、自分と同じ境遇の他の人々にも終末期の選択肢を広めようと活動している。

12歳の子どもでも「安楽死」を選べる自由な社会

橘玲 | 投稿日 2014年12月05日
橘玲

スイスへの「安楽死ツアー」が密かな話題になっています。ヨーロッパでは2002年4月にオランダがはじめて安楽死を合法化し、ベルギーとルクセンブルクがそれに続きましたが、自国民にしか安楽死を認めませんでした。

受刑者の安楽死を認める ベルギー、強姦致死などで収監

朝日新聞デジタル | ブリュッセル=吉田美智子 | 投稿日 2014年09月22日

強姦(ごうかん)や強姦致死などの罪で刑務所に30年間収監されていた男が、ブリュッセルの控訴審で、安楽死を認められた。

殺処分された動物の骨に咲く花――青森の高校生が取り組む「命の花プロジェクト」

今井尚 | 投稿日 2014年11月05日
今井尚

小さなポットに花が咲いている。この花は、殺処分された動物の遺骨を混ぜた土に植えられている。青森県十和田市の三本木農業高校。愛玩動物研究科の2、3年生が取り組む「命の花プロジェクト」だ。

「安楽死」合法化へと向かう米欧の現場

新潮社フォーサイト | 投稿日 2014年10月31日
新潮社フォーサイト

やがて訪れる「人生の終わり」。この瞬間を、私たち誰もが避けることはできません。愛する家族や仲間に、いずれかのタイミングで、最後の別れを告げなければなりません。非常に感情的な瞬間です。死にいく人の恐怖感や孤独感、残される家族や仲間の悲しみやストレスの大きさは計り知れません。その人生の終わりを決定するのは誰でしょうか? 自分で決めるべきなのでしょうか? それとも、家族、医師、あるいは政治家や法律家が決めるべきなのでしょうか?

「自殺ツーリズム」安楽死を求めてスイスへ渡航する人が急増

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2015年02月21日

チューリッヒ大学の研究者らによって「自殺ツーリズム」という研究論文が発表された。安楽死を遂げるためスイスに渡航した外国人が急増しているという。

全身をガンに蝕まれて安楽死した愛犬デュークが、家族と過ごした最後の1日

The Huffington Post | Cavan Sieczkowski | 投稿日 2014年07月16日

ロバーツ一家は、全身をガンに蝕まれた愛犬デュークを安楽死させなければならないことを知っていた。だから、この世で最後の日を、デュークにとって最もスペシャルな日にしてあげようと決めた。

オランダで「安楽死専門クリニック」が話題 「日本」でも開業の日は近い?

弁護士ドットコム | 弁護士ドットコムトピックス編集部 | 投稿日 2014年06月04日

オランダでは、安楽死処置を行った医師が刑事罰を免れるためには、「患者の苦痛が永続的で、耐えがたい」など、様々な条件をクリアする必要がある。それでも、あるレポートによれば、2005年から2010年にかけて死亡した患者のうち、安楽死を要請した人の割合は4.8%から6.7%に増え、安楽死を容認する医師の割合も37%から45%となった、と報告されている。

子供の安楽死が合法化へ:ベルギー

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月28日

子供も安楽死する権利を持つべきか−−。ベルギー上院の2つの委員会は、未成年者の安楽死を認める法案を可決した。現在ベルギーでは18歳以上の成年には安楽死を認めているが、この法案では安楽死を許可できる最低年齢を定めないとしている。

ホーキング博士の安楽死支持に海外ユーザーの反応は?

The Huffington Post | 投稿日 2013年09月18日

スティーブン・ホーキング博士が、安楽死や尊厳死を選ぶ権利について支持する考えを示した。このことに、海外ではどのような反応が怒っているかを紹介する。