アスリート

Jonathan Knowles via Getty Images

アスリートは『試合本番』でしか本当の意味で成長できない

2015年現在、縄跳び競技には殆ど大会がありません。今あるのは「全日本」「アジア選手権」「世界選手権」の3つのみ。世界選手権は2つの違う協会が主催する別の大会がありますが、それでも他の競技に比べれば圧倒的に試合数が少ないのが現実です。数こそ少ないですが、多くの選手は2年の一度の世界選手権を目指して日々練習を重ねます。
ESPN/Instagram

アスリートたちがスポーツ雑誌の特集で肉体美の競演(画像)

アメリカのスポーツ専門チャンネル「ESPN」が隔週で発行しているスポーツ雑誌『ESPNマガジン(ESPN The Magazine)』では毎年、『ボディ特集号(Body Issue)』と題して、アスリートたちのセミヌードを掲載している。このほど発売された2014年版も、かなりホットな出来となっている。