米中関係

トランプ政権、中国への圧力を強め始める  転機を迎えつつある米中の"蜜月ムード"

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年07月16日

「私は中国の助けがほしかったので、これまでは中国に少し甘かった」(トランプ大統領)

ホワイトハウス、安倍首相の肩書を間違う。さらに、習近平・中国国家主席の肩書も「台湾大統領」に...

HuffPost Japan | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2017年07月09日

ホワイトハウスが公式文書で、安倍首相や中国の習近平国家主席の肩書を間違えた。

朝鮮半島「4月危機」騒乱 トランプ発言「米朝首脳会談」の意味

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年05月05日
新潮社フォーサイト

朝鮮半島情勢は、北朝鮮が6回目の核実験やICBM発射実験といった、限度を超えた挑発に出るのではないかという憂慮が高まり、国際社会の関心を引いた。

トランプ氏、一つの中国政策に「なぜ縛られなければならないのか」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年12月11日

トランプ次期米大統領は中国大陸と台湾がともに「中国」に属するという「一つの中国」原則について「なぜ我々が縛られなければならないのか」と疑問を呈した。

Chris D'Angelo

気候変動でアメリカと中国が「二国間協力」を宣言 パリ協定に参加表明

HuffingtonPost.jp | Chris D'Angelo | 投稿日 2016年09月03日

アメリカの中国で、排出量の総計は約40%に上昇し、協定発効に必要な4分の3に達するという。

オバマ大統領「広島訪問は、和解の可能性を世界に示す」 朝日書面インタビュー全文

The Huffington Post | Huffpost Newsroom | 投稿日 2016年05月26日

G7首脳会議(伊勢志摩サミット)で来日したアメリカのオバマ大統領は5月26日、広島訪問を前に、朝日新聞の書面インタビューに回答を寄せた。

中国を理解するために必要な3つの視点。 「経済」「国家」そしてもう1つは...

倉本圭造 | 投稿日 2016年12月28日
倉本圭造

「中国がわかった感」が感じられる本を紹介しつつ、中国は今後どうなりそうか?、そして日本及び諸外国はどう彼らと関わっていくべきか?について考えてみたい。

中国と仲良くなるには「意識高くない系の作法」が必要

倉本圭造 | 投稿日 2016年12月28日
倉本圭造

最近米国が中国に対して、以前に較べて強硬姿勢が取れるようになった理由とは?

「世界秩序」か「国際秩序」か アメリカと中国の考え方の違い

Fu Ying | 投稿日 2016年11月21日
Fu Ying

中国が認識する「国際秩序」はアメリカの考える「世界秩序」とここが違う

南シナ海で米中対立、板挟みにあうマレーシアの「綱渡り」

Reuters | Reuters | 投稿日 2015年11月05日

マレーシアは大抵の場合、中国の軍事的進出に対する懸念は大したことではないように振る舞ってきたが…

野田聖子氏「南沙諸島、日本は関係ない」

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年11月04日

「自衛隊の人にも無理矢理何かをさせることは、逆に今後の自衛隊の動きを阻むことになる」

中台首脳が歴史的会談へ 1949年の分断後、初めて ねらいは?

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年11月03日

蒋介石率いる国民党政権が共産党との内戦に敗れて台湾に逃れて以降、初めてのトップ会談。

米艦「南シナ海作戦」で中国が「抑制的」な理由

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年10月29日
新潮社フォーサイト

もともと満潮時には水面下に沈んでしまう「暗礁」であり、そこにいくら人工物を造って広げてみても、領海を設定できないと国連海洋法条約では定められている。

フランシス・フクヤマ教授インタビュー:アメリカが恐れる、中国成長の最悪のシナリオは

Emanuel Pastreich | 投稿日 2015年11月04日
Emanuel Pastreich

中国は西欧国家よりはるかに高い経済成長を成し遂げられるでしょう。規模や影響力で、アメリカを完全に代替できる経済力を持つということです。

21世紀の「グレート・ゲーム」:「米中」をにらむ「日韓英」それぞれの思惑

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年10月28日
新潮社フォーサイト

今や地球規模で繰り広げられる米中の陣取り合戦は、さしずめ21世紀のグレート・ゲームと言うことが出来るだろう。

ジョセフ・ナイ教授インタビュー 米中関係の三大重要ポイント「技術」「気候」「エネルギー」

Emanuel Pastreich | 投稿日 2015年11月04日
Emanuel Pastreich

国際関係分野で「最も影響力のある学者」とされるジョセフ・ナイ教授。彼が米中関係の行方を「技術」「気候」「エネルギー」について語った。

【南シナ海】アメリカ、艦船の警戒活動を定例化へ 中国は抗議

Reuters | Reuters | 投稿日 2015年10月28日

米国防当局者は27日、南シナ海での警戒活動頻度を増やす見通しを示す一方、中国は同艦に警告したうえで米国大使に抗議したことを明らかにした。

習近平主席訪米に対する米国側の受け止め方と米中関係の課題

瀬口清之 | 投稿日 2016年10月16日
瀬口清之

安倍総理の訪米は米国側から大成功だったと高く評価されたが、習近平主席の訪米は…

中国は、サイバーセキュリティー対策に同調するのか

TechCrunch Japan | 投稿日 2015年10月11日
TechCrunch Japan

中国政府のハッカー逮捕も米中間のサイバー協定も、両国の関係改善に向けて有望な一歩を示すものだが、それは長い道のりの始まりにすぎない。

Matt Sheehan

習近平主席のアメリカ訪問で、オバマ大統領が向かい合わなければいけない6つの課題

HuffingtonPost.jp | Matt Sheehan | 投稿日 2015年09月24日

専門家によると、米中間の緊張はここ数年間で最も高まっている。

Matt Sheehan

アメリカと共に日本と戦った99歳の中国人、共産党の迫害から70年を経て名誉を手にする

HuffingtonPost.jp | Matt Sheehan | 投稿日 2015年09月08日

米中関係が最も良かった時代の話。

世界株安の原因は米中の中央銀行間での政策協調の欠如だ

広瀬隆雄 | 投稿日 2016年09月05日
広瀬隆雄

米中両国の中央銀行が日頃から緊密に連絡を取りあい、政策協調する気配は、一向に感じられません。

盗まれたiPhoneが米中友好の架け橋に あの「オレンジ野郎」に会いに行った

The Huffington Post | Matt Sheehan | 投稿日 2015年05月21日

この3カ月で彼の人生は完全に変わってしまった。でも自分を見失わずにいる。中国南部の最貧の村で、子供の頃から顔見知りの、多くの家族や友人に囲まれて。

香港デモめぐり米中が応酬 中国外相「国内の問題」米国務長官「表現の自由」

Reuters | Reuters | 投稿日 2014年10月02日

米国と中国の間で香港の民主派デモについての応酬が繰り広げられている。中国外相は「香港の問題は中国国内の問題。すべての国が中国の主権を尊重すべき」と発言したのに対し…

アメリカ・フィリピンが合同軍事演習 協定後では初めて

ロイター | Reuters | 投稿日 2014年05月05日

[マニラ 5日 ロイター] - 米国とフィリピンによる数千人規模の年次合同軍事演習が5日、始まった。両国が締結した新たな軍事協定の下、南シナ海で海洋進出の動きを強める中国を念頭に、海洋警備に重点を置いた訓練が行われる。