勉強

中野紘志

自信を。

努力すれば、自分に自信がつく。それは無かった。そして、スポーツを始めた。大学の先輩に「まだ間に合う」と勧誘された、ボート競技だ。
OJO Images via Getty Images

どんな生徒も勉強に熱中できる。勉強をゲーム化する10の施策

どうやったら「ゲーム」のように勉強をすることができるのか?極めて重要な問いだ。ゲーム以上に人を熱中させるものはそう多くない。電車の中を見渡せば、多くの人がスマートフォンでゲームをやっていることからもわかるように、人々はほんの少しの空き時間を見つけてはゲームをやる。
 

どんな偏差値低い学校でもガリ勉キャラがいるのはなぜ?納得の理由が多数集まる

漫画やアニメ、ドラマでしばしば舞台となる学校。特に「不良の猛者どもが集まる」ような学校を舞台にしたものには人気作品が多数ありますよね。そのような不良校というのは、大抵の場合、偏差値も非常に低い学校として描かれますが、不思議なのはその学校の生徒のひとりに"ガリ勉キャラ"がよく描かれていることです。
Photodisc via Getty Images

ありがとう、正岡子規...教科書の偉人に落書きしたことある人は35.5%と判明!

教科書に載っている偉人ってなんであんなに落書きしたくなる外見をしているんですかね? パッと思い出すだけでも、正岡子規、芥川龍之介、織田信長、坂本竜馬、聖徳太子、ペリー、フランシスコ・ザビエル、ガンジーといった、いかにも落書きしてくれと言わんばかりのオーラを放つ偉人たちの顔が浮かんできます。
JGI/Jamie Grill via Getty Images

【人はなぜ勉強するのか】強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

偏差値至上主義、学歴偏重社会の言葉に代表されるように、現在、日本の教育は、学校や塾を中心に、「受験や成績のために勉強する」ということに重点が置かれている。しかし、「勉強する」ということの本質は、本来受験や成績を上げることとは別の所にあるのかもしれない。「なぜ勉強をしなければいけないのか?」そう自分の子供に問われたことのある親も多いのではないだろうか。この問いは誰もが一度はぶつかる壁でもある。