母子家庭

付き合っている人がいたら一人親家庭の支援は受けられない?

黒岩揺光 | 投稿日 2017年02月11日
黒岩揺光

今回の職員の対応は、「手当を支給する側」と「支給される側」の上下関係みたいなものを強く感じた。

小田原市役所に申し入れ〜「保護なめんな」ジャンパーの背景にあるもの

雨宮処凛 | 投稿日 2017年02月01日
雨宮処凛

小田原では、「生活保護とは」「福祉とは」「ソーシャルワークとは」という基本的な教育・研修などがなされていないのでは、ということだ。

母子家庭の子どもたちのためにサンタクロースができること 清輔夏輝(NPO法人チャリティーサンタ)×赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ)

清輔夏輝 | 投稿日 2016年12月22日
清輔夏輝

すべての子どもたちがクリスマスを祝えるわけではない。

クリスマスに想う「日本の子どもの貧困」について

渡辺由美子 | 投稿日 2016年12月11日
渡辺由美子

日本の貧困な子どもにとっては、普通の家と自分の家の違いを思い知る「とても残酷」な時間だったりする。

「本来は母子支援から考えなければ」特別養子縁組を理解するために大切なこと #家族のかたち

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月17日

法的にも親子となる「特別養子縁組」の現状や課題は何か。

母親の25%が心身に疾患を抱えている 生活保護受給の母子家庭(調査)

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月07日

生活保護を受けている母子家庭のうち、母親の4人に1人が心身に疾患を抱えていることが7日、厚生労働省の調査で分かった。

片山さつき議員の「子どもの貧困」報道批判は、政治家の恥さらし

渡辺由美子 | 投稿日 2016年08月21日
渡辺由美子

いったい、日本政府は、子どもたちがどれだけ貧困になれば、救済してくれるのだろうか?

【ご提案】『子どもの日』はすべての大人が子どもの未来を考える日にしませんか? Vol2

渡辺由美子 | 投稿日 2016年05月02日
渡辺由美子

貧困状況で育つ子どもたちは、どんなに頑張っても「チャンス」が巡って来ない社会になっています。

養育費と親権はどうあるべきか? 教育関係者の見方は

朝日新聞デジタル | 山内深紗子 | 投稿日 2016年04月25日

「大人は、自分の感情やエゴを一度横に置き、真摯(しんし)に子どもたちの声に耳を傾けて欲しいです。」

あんな親にはなりたくない。そう思っていた自分が親になって知ったことと、これから親になるあなたへ。

STORYS.JP | 投稿日 2016年04月12日
STORYS.JP

「絶対あんな親になんかなるもんか」10代の時、毎日泣きながら部屋でそう思っていた。

母子家庭、貧困、高卒。工業高校でビリだった僕が、働きながら予備校に通い国立大学に合格した話

STORYS.JP | 投稿日 2016年04月08日
STORYS.JP

転機は、職場の新人である僕が、アメリカのIT資格に合格したことだった。

母子家庭への養育費、8割が不払い どうすれば防げる?

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年01月31日

離婚した母子世帯の2割しか、元夫から養育費の支払いを受けていません。どうすればきちんと支払われるようになるのか、集まった意見をもとに考えます。

「うちでは無理」 子供のバスケも諦めさせる貧困母子家庭の現実

朝日新聞デジタル | 山内深紗子、足立耕作 | 投稿日 2015年12月20日

1年は踏ん張ったが、小5の3月、長女に伝えた。「全国大会行けるけど、うちは、これ以上は無理なんだよね。6年生から転校しない?」

橋下徹氏VS乙武洋匡氏のひとり親支援論争 実はマイナンバーにも深く関わっている

おときた駿 | 投稿日 2015年10月23日
おときた駿

ひとり親支援のための新たな社会運動がスタートしました。

新三本の矢 〜 児童扶養手当は、第1子も第2子も第3子も同等に

石川和男 | 投稿日 2016年10月04日
石川和男

ここでは、「新三本の矢」の具体策として盛り込むべき緊要な施策例を提起したい。

どこまでが「格差・不平等」で、どこからが「個性・独自色」なのか -東京都女性福祉資金を例に-

おときた駿 | 投稿日 2015年06月29日
おときた駿

本日取り上げるのは、今回の条例案で改正が行われた「東京都女性福祉資金」の貸付について。

【川崎中1殺害】ひとり親家庭への支援求める声「愛だけでは守れない」

朝日新聞デジタル | 中塚久美子、錦光山雅子 | 投稿日 2015年03月05日

川崎市の中学1年生が殺害された事件で、ひとり親家庭の親や専門家らからは「母の愛情だけでは子どもを守れない」など、社会の支援を求める声が上がっている。

シングルマザーの自立を支援するには、子育て時間を確保しなければならない

鈴木晶子 | 投稿日 2016年12月14日
鈴木晶子

母子世帯の若者を支援してきた立場から、これまで感じてきたこと、大切にしたいことをお伝えしておきたいと思います。

「理想の家族の形は......」衆院選当選者の男女で意識に差【2014衆院選】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年12月18日

衆院選の当選者のうち、男性と女性で「家族の形」や「夫婦別姓」をめぐる考え方に差があることが、朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査でわかった。

Chika Igaya

年収200万円以下、アラフォー、独身の漫画家が挑んだ「おひとりさま出産」

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2014年12月12日

年収200万円以下の漫画家、独身、アラフォー、一人暮らし。子どもを産んで育てるには厳しい環境の中、一人で出産に挑むという実際の体験を描いた七尾ゆずさんのコミックス「おひとりさま出産」(集英社クリエイティブ)が刊行され、同世代の女性たちを中心に衝撃を与えている。なぜ七尾さんは子供を産もうと決意したのか。

離婚してやってみた50のこと。みなさんにもおすすめします。

Divorced Moms | 投稿日 2015年01月17日
Divorced Moms

私は、離婚した後の数年間、次のようなことをしてきました。皆さんにもおすすめできると思います。

バラまき福祉を超えて...シルバーパスより、スクールバスの充実を

おときた駿 | 投稿日 2014年11月26日
おときた駿

何をしているのか見えづらい地方議員の活動ですが、夏の終わり~秋にかけては各種団体から膨大な「予算要望」をヒアリングする季節です。

Chika Igaya

進む日本の貧困化 「母子家庭」「20代前半男性」「子ども」で際立つ

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2014年09月24日

日本の貧困化が進んでいる。2014年7月に発表された「平成25年国民生活基礎調査」によると、18歳未満の子どもの貧困率は16.3%と過去最悪を更新。「日本は平等で貧富の差がない」というのが私たちの“常識”だったが、最新のデータはそれを裏切る結果となっている。国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩・社会保障応用分析研究部部長が日本の貧困の実態やその背景について語った。

高梨沙羅、母子家庭149人にランドセル寄贈 子供から「中学生?」

The Huffington Post | 投稿日 2014年03月26日

ノルディックスキーW杯ジャンプ女子で、個人総合2連覇した高梨沙羅が3月26日、大阪府庁を訪れ、今春小学校に入学する母子家庭の子供149人にランドセルを寄贈した。

【地域発】「未婚の母」だと、シングルマザーを助ける制度が使えない?(一井暁子)

つながる地域づくり研究所 | 投稿日 2013年11月30日
つながる地域づくり研究所

本来は、国が制度を改正するべき課題です。しかし、制度改正を待たなくても出来ることがあるなら始めよう、という動きは、現場に近く、暮らしの実態をよく知っている自治体ならではのもの。問題があるなら、できない理由を並べるより、まず行動する。この広がりが、国を動かすことを期待しています。