分化

日本女性は、なぜ異常に外見にこだわるのか

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年05月23日

遠くから来た新しいコンセプトはいつでもまぶしい。

復興とともにある、生活者目線の文化政策―「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」

アーツカウンシル東京 | 投稿日 2017年04月18日
アーツカウンシル東京

2016年度の「マナビバ。」のテーマは、いわき市における2つの現状から設定された。

身の回りから消える墨。1200年の歴史を攻めて守る、墨職人の次の一手

QREATORS | 投稿日 2017年04月12日
QREATORS

「文字を書く」というシンプルな行為に精神性を求め、文化にまで昇華させたのが、他ならぬ書道だ。

「3年前のメニュー」との比較でも窺える「サウジ国王」の和食好き--西川恵

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月22日
新潮社フォーサイト

81歳の国王がすべてきれいに平らげたとは思わないが、健啖家で、食に対して敏感であることを改めて窺わせたのである。

震災6年 アートによるコミュニティ復興「Art Support Tohoku-Tokyo」の真価

アーツカウンシル東京 | 投稿日 2017年03月15日
アーツカウンシル東京

今回は、東日本大震災の被災地域のコミュニティに対して、アートプログラムを実施する「東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業」に注目します。

カンボジア人と一緒に働くって? 異文化で働いて想う、細胞に刻まれた「記憶」の違い

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月12日
週刊ABROADERS

異文化の中でその国の人々と仕事を共にするには、どうすればいいのか。

私は日本に来て、強くなったと思います。

My Eyes Tokyo | 投稿日 2017年02月10日
My Eyes Tokyo

日本に来る前はミャンマーを出たことがなかったから「私の国が一番美しい」と思っていました。

シェアリングエコノミーの原点は公園にあった!?-空間と時間を分かち合う文化に見る幸せの法則:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年02月04日
ニッセイ基礎研究所

先日、石神井池のほとりを通りかかったときのことだ、前方に人だかりが見えた。近づいてみると、池でラジコンボートを航行させている人たちと、それを見学する人々だった。

フェロー諸島の捕鯨 虐殺か文化か? 【動画】

The Huffington Post UK | Lucy Sherriff | 投稿日 2017年02月02日

食料としてクジラを捕獲するのは、屠畜場で牛を殺すのと全く違うと言えるのか?

北朝鮮のお正月

Lee Ae-ran | 投稿日 2017年01月30日
Lee Ae-ran

最初の段階では北朝鮮の正月は、陰暦の旧正月を祝祭日として考えられていたが...

吉川慧

肉汁たっぷり、うに盛りだくさん...全国の「豪華駅弁」怒涛の11連発 実際に食べてみた(画像)

HuffingtonPost.jp | 吉川慧 | 投稿日 2017年01月24日

駅弁の歴史もご紹介。

民間→政治→民間の行き来から生まれるもの 前参議院議員松田公太

Patriots | 投稿日 2016年11月25日
Patriots

民間と政治を行き来した立場から感じたこと、これからの展望などをお伺いしました。

「まだ鼠蹊部圧迫してるの?」〜伝統下着ふんどしに私たちが熱中しているわけ〜前編

星野雄三 | 投稿日 2016年11月16日
星野雄三

スーツの話をしても大して興味を持たれない一方で、ふんどしの話をするとヨーロッパ人は俄然興味を持つ。

ベトナム人にとっての中秋節を現地でリアルインタビュー!

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年11月17日
週刊ABROADERS

日本ではあまり馴染みのないイベントですが、ベトナムでは中秋節が近づくと街の様子が段々と変わるのを感じます。

嫁いで実感!これぞバングラデシュの結婚式

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年10月05日
週刊ABROADERS

バングラデシュでは日本よりも「結婚はマストである」という概念が強いです。

ディズニーのハロウィン衣装にマオリ族が抗議「死んだ人の宝石を着けるようなこと」

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月20日

ディズニーが販売するハロウィンコスチュームに、ニュージーランドの先住民マオリ族が抗議の声をあげている。

「私は単に命令に従っていただけだ」 ―現代ドイツ社会の街角で

櫻井隆充 | 投稿日 2016年09月07日
櫻井隆充

今でも、この社会は、警察以外の市民が他者を相互に警戒し、密告したり取り締まるようなことを奨励しているのではないかとさえ疑う時がある。

もう、ボランティアと呼ばないで ―物語が生まれる居場所(サードプレイス)に集うアートな人々

アーツカウンシル東京 | 投稿日 2016年08月17日
アーツカウンシル東京

近頃、ボランティアとは表現できないようなかかわり方が生まれている。新たなアートボランティア像を探して、3つのアートプロジェクトを取材した。

何もできない自分を変えるために!マレーシアから学び、感じたこと

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年07月01日
週刊ABROADERS

ホストファミリーと囲む食卓はいつも笑顔で溢れていて、出会う人はみんな、つたない英語を話す私に辛抱強く耳を傾けてくれました。

シンガポールを全力で楽しむために!知っておきたい祝日まとめ【2016年版】

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年06月22日
週刊ABROADERS

日本より祝日の数は少ないですが、多民族国家ゆえにそれぞれの宗教に関連したお休みが多くユニークなのです。

世界には2つ「オキナワ」があるって知ってた?

STORYS.JP | 投稿日 2017年06月14日
STORYS.JP

今ではボリビアの地図にもしっかりとカタカナで「オキナワ」と載っています。

首相と障害者が交流 東京五輪に向け文化芸術活動をアピール

福祉新聞 | 投稿日 2016年06月13日
福祉新聞

この催しは2007年、13年に引き続いて3回目。今回は20年の東京パラリンピックに向け、障害者の文化芸術活動への関心を高める狙いがあるという。

伝統文化・芸能体験レポート(3)日本のHappyの形をつたえる伝統芸 紙切り、曲芸の世界

アーツカウンシル東京 | 投稿日 2017年05月27日
アーツカウンシル東京

「京都の舞妓さんを切ります。1枚の絵をあっという間に切るのが紙切り。こうして舞妓さんの睫毛...帯...扇を…」

伝統文化・芸能体験レポート(2)弾く、着る、踊る、満足度100%の日本文化体験

アーツカウンシル東京 | 投稿日 2017年05月17日
アーツカウンシル東京

こんなに日本の文化に真剣に向き合い、喜んでくれる参加者の姿を目の当たりにすると、素直にうれしく、同時に、自分自身の伝統文化への関心の扉も開いていく。

「左」と「右」で読み解く現代社会-大型連休「閑話」:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年05月02日
ニッセイ基礎研究所

「尾頭付きの魚を皿に盛り付ける場合の向き」。頭を左側にするのは、日本では左が右より上位という概念があるからだそうだ…