ブラックボックス

Reuters

探知信号は「マレーシア機以外のもの」

3月に消息を絶ったマレーシア航空(MAS)MH370便の捜索活動で4回探知された信号について、米海軍関係者が不明機の「ブラックボックス」から発せられたものではないとの見方を示したと、米CNNが29日報じた。
Anadolu Agency via Getty Images

マレーシア航空機、機体破片も見つからないまま空からの捜索が打ち切りに

3月8日にクアラルンプールを離陸し、消息を絶ったマレーシア航空機MH370便。オーストラリア西部のインド洋に墜落したとの見方が強まり、マレーシアとオーストラリアの政府が中心となって空からの捜索を行っていたが、4月28日を持って打ち切られた。「浮遊物の発見」や「衛星写真に写る影」など手がかりが幾度となく報道されたが決定的な情報には至らず、謎のまま幕引きとなりそうだ。
Reuters

ブラックボックス発見で始まる「試練」、不明機回収は難航か

行方不明となっているマレーシア航空MH370便の捜索は、バッテリー切れで間もなく途絶えるとみられるフライトレコーダーの信号をもとに、捜索範囲を狭めつつある。しかし、「ブラックボックス」の発見は深海から機体を引き上げるという試練の始まりに過ぎず、テクノロジーの限界が試されることになる。