病院

激痛を訴えた男性の耳からトカゲが発見された。しかし尻尾が...。

HuffPost | David Moye | 投稿日 2017年08月21日

男性を診察した医師は、彼の耳の穴の中に小さなトカゲを発見した。医療スタッフはこのトカゲに麻酔をかけた。さらに奥へ逃げ進むことを防ぐためだった。

まだ生まれないで!〜学生ママの妊娠生活#02〜

柳下桃子 | 投稿日 2017年08月09日
柳下桃子

「子宮頸管短すぎるね。入院しますか?」

経済成長の陰にあるカンボジア国内の医療の現状

武内就 | 投稿日 2017年08月08日
武内就

経済成長が進む中で、貧困に起因した病気がなくならないのも現状である。

「救急ヘリを呼べ」観光客のモラルに、沖縄・竹富島の医師が「疲弊」訴え

HuffPost Japan | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年07月26日

「内地の病院の様に、全てが揃っている訳ではありません」「観光客の皆さんは、各離島の状況をよく知った上で、宿泊してもらいたい」

ニューヨークの病院で乱射、1人死亡6人けが 元勤務医の男が自殺か

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月30日

米ニューヨークのブロンクス地区の病院で6月30日午後(日本時間7月1日未明)、男がライフル銃を繰り返し発砲した。市警によると、女性1人が死亡、6人がけが人をした。

白川村の医療を一人で10年支えた医師から見た県北西部地域医療センター

coFFeedoctors | 投稿日 2017年06月22日
coFFeedoctors

県による人事異動によって体制が大きく左右されることもありますが、チームで診療所を守っていたほうが、地域に根差した医療の提供を可能にすると思います。

世界へ駆け出す必要性〜中国、大連市中心病院を訪れて〜

齋藤宏章 | 投稿日 2017年06月16日
齋藤宏章

院内で自身の技術を研鑽すると同時に、私は若いうちから海外へ飛び出して行く姿勢が大事だと考えている。

男児四人で体温156.1℃、そのとき親は。

工藤啓 | 投稿日 2017年05月19日
工藤啓

男児四人、病院へGO!

新専門医制度は地域医療の要の地方の公立病院にもダメージを与える -脳神経外科

嶋田裕記 | 投稿日 2017年05月12日
嶋田裕記

新専門医制度が物議を醸し出している。この制度が施行されれば、多くの学会が、研修期間中に基幹施設に在籍することを義務づけることになる。

さよならを伝えたい。病床のおばあちゃんが親友の猫と再会

HuffPost UK | Natasha Hinde | 投稿日 2017年05月11日

猫は女性の胸にしっかり抱かれ、女性とともに静かに眠っている。

歯科医の男性、病院の診療室内で医学生に刺される【東京医科歯科大】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月09日

事件当時、診療室には数人の歯科医らがいた。

赤ちゃんポスト開設10年で120人以上を保護 「命を救う最後の手段」の一方で「安易な受け入れもあった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月05日

親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」。子どもにとって最善の選択なのかという懸念も抱えつつ、望まない妊娠で孤立する母親たちが絶えないという現実を映している。

患者とも、スタッフともフラットな関係を保つ医師の信念

coFFeedoctors | 投稿日 2017年04月19日
coFFeedoctors

何でもフラットに発言できる関係性ができていることが、さまざまなプロジェクトが立ち上がるポイントだと思っています。

アスリートの貧血克服によるパフォーマンス向上について

菅野優太 | 投稿日 2017年04月18日
菅野優太

皆さんは、自分の血液の状態をご存知でしょうか?

余命わずかな患者に最後の願いを 病院の規則破った看護師の思いやり(画像)

The Huffington Post | Lee Moran | 投稿日 2017年04月11日

「とても居心地の良い、リラックスした雰囲気でした」

小を捨てて、大を為す

吉岡秀人 | 投稿日 2017年04月12日
吉岡秀人

私たちがどうしても成し遂げたいことがあった。それは医療を受けられずにいる貧困層の人々に医療を届けることだった。

住民のことを考え実行したことは続く。地域に変化をもたらす若き医師

coFFeedoctors | 投稿日 2017年03月30日
coFFeedoctors

6年前に現在の院長が就任し、地域の自治体立病院としての役割をしっかり果たすことを明確に打ち出してからは「断らない病院」を目指しています。

震災から6年 復興事業をめぐる現場と行政の温度差 -福島県精神科病院入院患者地域移行マッチング事業への福島県の冷徹な対応

佐々木瞳 | 投稿日 2017年03月09日
佐々木瞳

「普通だったら、続けていないと思う。でも今までに県外で帰りたがっている患者さんたちの顔を見ちゃったから...」

花粉症とうまく付きあっていくために

濱木珠恵 | 投稿日 2017年03月01日
濱木珠恵

現在、日本人の25%以上の人がなんらかの花粉症をもっていると言われています。

医療現場から変える 長時間労働をしなくてすむ社会へ

高山義浩 | 投稿日 2017年02月14日
高山義浩

医療現場の長時間労働は、医療の効率性を低下させているだけでなく、患者さんの満足度を低下させる主たる要因になっています。

ぴんぴんコロリで死ぬと警察に通報?  ~不思議の国 日本の現実~

坂根みち子 | 投稿日 2017年02月07日
坂根みち子

診療関連死や自然死については、医療者がしっかり受け止めて警察の介入を防ぎ、「死」を日常生活の延長線上に取り戻す必要があるのです。

カンボジアで始まった日本式医療の現場より Sunrise Japan Hospital Phnom Penhからの報告①

坪井瑠美子 | 投稿日 2017年03月28日
坪井瑠美子

私は現在カンボジアの首都、プノンペンに開院したSunrise Japan Hospital Phnom Penhで内科医として仕事をしています。

東金市「東千葉メディカルセンターを心配する会」主催講演会:市民は市の財政破たん

小松秀樹 | 投稿日 2017年02月01日
小松秀樹

2017年1月15日東金市民会館において、「東千葉メディカルセンターを心配する会」主催の講演会が開かれた。

インフルエンザ猛威、3千施設で学級閉鎖 東京都は流行警報

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月27日

前週の約99万人から急増した。

新たな経験の現れ

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月15日
Arinobu Hori

人が構造的暴力に巻き込まれている時に、そこから離脱することは容易ではない。