地域医療

院長がご逝去された後の高野病院の窮状とこれまでの福島県の対応

尾崎章彦 | 投稿日 2017年01月19日
尾崎章彦

4月以降の診療体制は全くの未定です。

新専門医制度の新しい展開

森田麻里子 | 投稿日 2017年01月18日
森田麻里子

1年間の開始延期が決まった専門医制度だが、ここにきてようやく進展が見られた。

新たな経験の現れ

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月15日
Arinobu Hori

人が構造的暴力に巻き込まれている時に、そこから離脱することは容易ではない。

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「地域医療×国際保健」気軽に海外へ"出張"できる地域の診療所を目指す

coFFeedoctors | 投稿日 2017年01月11日
coFFeedoctors

NPO法人「TICO」の代表である吉田修先生は、診療所の運営と、NPOでの活動をうまく融合させて、地域医療と国際保健の双方が抱える課題を解消しようとしています。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)

県ごとの診療報酬

小松秀樹 | 投稿日 2016年06月03日
小松秀樹

なぜ「県ごとの診療報酬」という大胆な案が提案されたのか。

福島県浜通りの医療支援は、若き医師を成長させる

上昌広 | 投稿日 2016年03月14日
上昌広

福島県・浜通りの病院での勤務経験は若者を成長させる。本稿では南相馬市立総合病院の初期研修医である山本佳奈さんをご紹介したい。

データは本当に正しいの?病床は本当にいらないの?

高野己保 | 投稿日 2016年03月08日
高野己保

相双地域でも他地域と同様、平成27年11月30日に1回目の相双地域医療構想調整会議が開かれました。

原発被災地の医療はいま 福島第一原発から22キロ、たった1つ残る民間病院が直面する問題

高野己保 | 投稿日 2016年02月16日
高野己保

推定3,000人越えの東電、除染、その他の工事関係者が住んでいるこの町の、被災地の医療の現状をお伝えしたいと思います。

地域医療はだれのもの? 福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記

高野己保 | 投稿日 2016年02月16日
高野己保

双葉郡においては、公平性こそが不平等である、と私達は思っています。

歯科医療の近未来予想図 「歯科医療難民」を生まないために、地域偏在の解消を

橋村威慶 | 投稿日 2016年02月08日
橋村威慶

保険証1枚あれば安心して受けられる日本の医療。しかし今、歯科ではこの国民皆保険は崩れようとしている。いや、もう一部は崩れている。

兵庫は意外にも「医療過疎地域」だった 東京生まれ、研修医1年生の奮闘記

前田裕斗 | 投稿日 2016年01月04日
前田裕斗

生まれ育った関東を離れ、神戸で研修を始めて半年が過ぎた。土地や人に慣れ周りを見る余裕が出てくると、ある違和感に気づいた。その違和感とは何か?

「あずましくないって何ですか?」研修医が紹介する、北海道の地域医療

齋藤宏章 | 投稿日 2015年10月05日
齋藤宏章

北見赤十字病院と印字された法被を背負い、約100名の職員が掛け声と共に商店街を踊っていく。私を含め10名の研修医もその中にいた。これも研修の一環である。

福島県川内村の特別養護老人ホームで働くことを決めた、母親看護師の想い

佐川文彦 | 投稿日 2015年10月05日
佐川文彦

頼もしい人材の一人に、原発事故で福島県南地区に避難して病院勤務をしていた看護師がいます。当法人の川内特養に募集してきました。彼女が面接で告げた言葉とは……

医学生が福島で学んだ、地域医療の難しさとは

榎本裕一 | 投稿日 2015年09月22日
榎本裕一

近年、地域医療への期待は高まっており、私は将来自分が地域医療に携わることになったとき、今大学で学んでいることが本当に現場で活きるのか疑問に感じていました。

都市から離れた小さな町で何でもこなす総合看護師"General nurse"

coFFeedoctors | 投稿日 2016年09月17日
coFFeedoctors

オーストラリアのダーウィンで開催されたへき地医療学会に参加した際に、エメラルドという田舎町の医療を見学した。

国際保健医療の体験談を聴く場「とちノきセミナー」とは?

coFFeedoctors | 投稿日 2016年09月08日
coFFeedoctors

国際保健医療に従事したい人と、途上国で医療活動を経験した人が集まり、つながる場があります。

仮設住宅健診からみえた、復興の歩みと相馬市に必要なもの

上昌広 | 投稿日 2015年08月05日
上昌広

7月16日から20日にかけて、相馬市の仮設住宅入居者を対象とした健康診断が実施された。東日本大震災以降、恒例の行事となっており、今年で5回目だ。

途上国支援や地域医療へのハードルを下げるために

coFFeedoctors | 投稿日 2016年07月21日
coFFeedoctors

困っている人の役に立ちたいという純粋な思いから、様々な人が海外の地域で頑張っています。 海外と日本を繋ぎ、途上国に関わる医療従事者を支える活動とは――。

原因が分からなかった痛みの正体は?―筋膜性疼痛症候群

Medical Note | 投稿日 2016年06月05日
Medical Note

近年、今までは原因不明と言われていた痛みが、実は筋膜性疼痛症候群によるものであることが分かってきました。筋膜性疼痛症候群について、隠岐島前病院院長の白石吉彦先生に詳しくお聞きしました。

遠隔教育は地方の看護師不足解消への突破口となるかもしれない

樋口朝霞 | 投稿日 2015年03月19日
樋口朝霞

1月に沖縄県立看護大学大学院を訪問した。遠隔教育システムを用いて、看護教育に取り組んでいる。

宮城県登米市から医療を発信していきます

田上佑輔 | 投稿日 2015年02月18日
田上佑輔

ご当地医療。地域の実情に応じて医療は行われるため、これからは医療格差がより当たり前となる。ただ、それは医者や病院の数に比例するものではない。

地域医療の原点は専門にあり

越智小枝 | 投稿日 2015年01月01日
越智小枝

少し遠回りに見えるかもしれませんが、研修医の先生には「一本筋の入った」医師になるための専門修行も経験してほしいな、と思っています。