地域起こし

Chika Igaya

戦後民主主義の象徴・村野藤吾の名作「八幡市民会館」に危機

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2017年01月22日

戦後日本を代表する建築家・村野藤吾(1819〜1984)によるモダニズム建築の代表作であり、市民会館の草分けでもある「八幡市民会館」(福岡県北九州市)が解体の危機にひんしている。その存続に向け、何が必要なのだろうか?

淡路島と東京の二拠点生活。自由に行き来して、人や情報をつなげたい!

re:mo | 投稿日 2016年10月28日
re:mo

淡路島の魅力を伝えるうちに、淡路島に住みたいなぁと思うようになっちゃました。

「無音盆踊り」って何? イヤホンをつけてのボンダンスが異様だけど大人気(動画)

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年08月16日

イヤホンで盆踊りの曲を聴きながら踊る「無音盆踊り」なる一風変わったお祭りがある。

「茨城県民の日」実は1日ズレていた? 誤った説明30年以上

朝日新聞デジタル | 酒本友紀子、村田悟 | 投稿日 2015年04月07日

茨城県が30年以上、「県民の日」(11月13日)の由来を誤って説明していたことがわかった。

デザイナーやライターの集団が、埼玉の老舗店舗を地域の交流拠点へと再生させる

マチノコト | 投稿日 2015年05月07日
マチノコト

埼玉県エリアにおけるプロジェクトが掲載される「FAAVO埼玉」で興味深いプロジェクトが実施されています。

「神山プロジェクト」の20年の軌跡から学ぶ、まちづくりに重要な4つの視点

庄司智昭 | 投稿日 2014年12月30日
庄司智昭

今まちづくりで注目されている地域があります。徳島県神山町です。人口わずか6019人(9月1日現在)、高齢化率は46%(2010年)を超える同町には、今"二つの異変"が起こっているそうです。

【ブログ】何度考えても、中心市街地活性化は顧客に支持される店を増やせるか、だ(秋元 祥治)

秋元 祥治 | 投稿日 2014年10月07日
秋元 祥治

中心市街地活性化のために交通網を整備しろとか、駐車場とかって話をなぜ今更まだおねだりするのだろう。

「三方よし」を受け継ぐ、滋賀の地域おこし展示会「おこしやす B.A.P」

松岡由希子 | 投稿日 2014年02月14日
松岡由希子

「障害があってもなくても、地域で働き地域で暮らす」というビジョンのもと、地域・企業・福祉のコラボレーションによって"仕事おこし"や"地域おこし"につなげる展示会「おこしやす B.A.P 2013」が、2013年12月11日、滋賀県大津市で開催されました。