大学入試

Gary Conner via Getty Images

現在の大学AO入試を見ても「人物重視」になると、結果として「学力軽視」になってしまっている

いくら技術のマネジメントが大事なったからと言って、この答えは明らかで、もちろん技術が先で経営が後。ところが、最近の「人物重視」の大学入試改革のように、知識がおぼつかない学生に対しても、「課題解決力」を求める風潮が強まっていてどんなものかと思っています。
時事通信社

試験とは公正で透明であるべきか問題 ~開かれた試験のジレンマ~

受験シーズン真っ只中ということで、今日は「試験」について。東大が推薦入試を導入するのですが、これが賛否両論で。(東京大学の推薦入試方法をどう思う? - Yahoo!ニュース 意識調査)ご意見様々な中、今回注目したいのが「推薦入試なんて基準が曖昧で公正でない」という推薦反対のご意見です。
The Huffington Post

列島各地で積雪 交通などに影響も

発達した低気圧の影響で、2月8日、日本列島は広い範囲で雪が降り積もった。この雪は9日朝まで降り続き、積雪はさらに増えるおそれがあるという。気象庁は8日午前、東京23区と多摩地区に大雪警報を発表。東京23区での大雪警報は13年ぶりだという。朝日新聞デジタルが報じた。
時事通信社

大学入試センター試験「最後のゆとり世代」が浪人できない理由とは

大学入試センター試験が1月18日から全国693会場で行われ、いよいよ本格的な受験シーズンが幕を開けた。少子化のため、大学受験の主な年代である18歳の人口も年々減少傾向にあり、今年のセンター試験の志願者数は、昨年より1万2672人少ない、56万672人で、今春高校を卒業する生徒の42.1%が志願しているという。
jiji

「人間力」はうさんくさい

政府の教育再生実行会議が、知識偏重の大学入試をやめて「人間力」で生徒を選ぶべきだと提言しています。面接や論文、高校の推薦書、部活動やボランティアの活動歴などから21世紀の日本を担う"グローバル人材"を選抜し、育てていくのだそうです。ところで「人間力」とはいったい何でしょう?
Getty

大学入試改革「人物本位」の選抜に

政府の教育再生実行会議は10月31日、現在の大学入試センター入試に代わり、「達成度テスト」の導入を柱とした第4次提言を、安倍首相に提出した。従来の一発勝負の入試を見直し「人物本位」の選抜を目指す方針だ。実際の導入は5、6年先になる見通しだという。
Getty

高校教育の質が就職後の給料に影響?

内閣府経済社会総合研究所の研究によれば、学校の規模、生徒・教師比率、就職率といった高校教育の質は、学力には大きな影響を与えないものの、大学卒業後の賃金には影響を与えているという。この調査研究は、全国の20歳から60歳までの双生児における大規模な追跡データをもとに、高校の質が子どもの学力、賃金に与える影響を回帰分析的に評価したものである。

国公立2次試験を「人物評価重視」に移行させたがる真意

さすがに語呂が悪いのか、ちっとも浸透していない"アベデュケーション"との呼び名だが、これからこの教育再生実行会議を軸にして教育再生への動きを加速させていくのだろう。ならばこちらもそこで動こうとする人たちの「人物評価」を重視していかなければならない。