Dainijisekaitaisen

Chika Igaya

『はらぺこあおむし』のエリック・カールさんが「平和」という言葉を選んだ理由

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2017年05月16日

絵本『はらぺこあおむし』などで知られる作家、エリック・カールさん(88)の大規模な展覧会が東京・世田谷美術館で開かれている(7月2日まで)。ハフポスト日本版では来日したエリックさんに独自インタビュー、ナチス・ドイツ政権下だった少年時代や最新作に込められたメッセージについて訊ねた。

太平洋戦争時の日本占領名"昭南"を戦争記念館に拒否したシンガポール国民

うにうに | 投稿日 2017年02月24日
うにうに

生命の危機があり、経済的にも食べるものにも事欠いた日本統治時代の圧政より、イギリス植民地支配が比べるまでもなく好ましいものでした。

デイリー・テレグラフ、第2次世界大戦の勃発を報じた記者を追悼し「世紀のスクープ」を再掲載

The Huffington Post UK | Graeme Demianyk | 投稿日 2017年01月13日

「ポーランド国境に戦車1000台集結。電撃作戦のため10師団が待機」

安倍首相の前に現職首相3人が真珠湾を訪問していた、外務省が確認

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月26日

現地の邦字紙「ハワイ報知」は22日、Facebook上に当時の紙面を掲載。

真珠湾攻撃75周年と首相訪問の陰に隠れた大変革 屈辱から融和、そして歴史の修正

井上泰浩 | 投稿日 2016年12月07日
井上泰浩

ハワイ真珠湾では12月8日(現地時間7日)、攻撃から75周年を向かえ、大規模な記念式典が執り行われた。

プーチン大統領の訪日を前に

リー・ジェイ | 投稿日 2016年12月03日
リー・ジェイ

私は、日本とロシアの間にあるものは何だろうと考えてみた。

イギリスのシンドラーと呼ばれた人物を描く「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」が示す善意のつながり

杉本穂高 | 投稿日 2016年11月26日
杉本穂高

彼は自分の行った行為を誰にも打ち明けようとしなかった。

マンザナー日系人強制収容所の光景が、アメリカ合衆国史の「闇」を映し出す

The Huffington Post | Braden Goyette | 投稿日 2016年11月23日

非人道的な状況に直面した抑留者の人間性をフィルムに写し取られている。

南京大虐殺の映画をパーカーに 販売したアメリカの衣料品ブランドが謝罪

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年11月14日

ノードストローム社は「今後、同種の商品が販売されないように工程を見直します」と発表している。

太平洋戦争、原爆実験を経て...海底の米空母を65年ぶりに撮影【動画】

The Huffington Post | Ran Nagasawa | 投稿日 2016年08月26日

船体は生き物の住みかに。

安倍昭恵さん、首相夫人が真珠湾を訪問 菅官房長官は「私的なもの」

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月22日

「安倍首相が(75年の追悼セレモニーに)来なければ驚きだ」とする米政府高官の発言も報じられていた。

原爆投下から終戦までの信じがたい経緯を!21年前の夏、子どもが誕生した日に考えたこと

飯村和彦 | 投稿日 2016年08月11日
飯村和彦

――もし僕たちが、50年前の日本に生きていたとしたら。

世界の原爆理解と報道――救世主、天罰、無差別虐殺・戦争犯罪

井上泰浩 | 投稿日 2016年08月06日
井上泰浩

国や地域の歴史・戦争史観、日本や米国との外交関係など様々な要因を直接反映したり、また影響を受けたりしながら原爆理解を作り出している。

71年目の8月6日を目の前に、21歳の女子大生がおもうこと

安藤真子 | 投稿日 2016年08月05日
安藤真子

あの焼け野原から、こんなに復興した広島を誰が想像できただろうか。私は、そんな広島という街で育ってきた。

スイスとフランス、2つの国に同時に泊まれるホテルがあります

The Huffington Post | Sarah Digiulio | 投稿日 2016年08月02日

こんなホテル、世界に一つかも。

「アンネの日記」最後の言葉から72年、そこに記された少女の願いとは

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年08月01日

アンネ・フランクが記した"最後の日記"から8月1日で72年を迎えた。

元自衛官だった作家・浅田次郎さんが教えてくれた、戦争の知られざる6つの裏側

The Huffington Post | 投稿日 2016年07月29日

郵便局員じゃない!? 赤紙はこうして届けられた。 戦争・軍隊・自衛隊にまつわるトリビアをご紹介。

バトル・オブ・ブリテンから76年 イギリスが祖国防衛をかけた激戦を振り返る(画像集)

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年07月09日

第二次世界大戦の初期、イギリス軍とドイツ軍がブリテン島(イギリス本土)をめぐり激しい攻防を繰り広げた「バトル・オブ・ブリテン(イギリス本土航空決戦)」から、7月10日で76年を迎える。

進捗報告:「日米・高校生平和会議 」をニューヨーク・ボストンにて開催します

渡邉英徳 | 投稿日 2016年06月27日
渡邉英徳

多くのかたのご協力のもと、ほぼ実施確定のところまで来ました。

沖縄戦から71年、県民の4分の1が亡くなった戦いを振り返る(画像集)

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年06月22日

6月23日、沖縄戦から71年を迎えた。

ミッドウェー海戦から74年 太平洋戦争の激戦をふり返る(画像集)

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年06月04日

太平洋戦争の重大な転換点となった日米の激戦を、画像とともに振り返る。

オバマ大統領の広島スピーチは誰が書いた?「何度も手直し」手書き原稿公開

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年06月02日

写真には取り消し線で修正した跡が。

ノルマンディー上陸作戦から72年 「史上最大の作戦」を写真で振り返る

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年06月01日

第二次世界大戦中の1944年、アメリカ、イギリスを中心とした連合国軍がナチス・ドイツ占領下のフランスに上陸した。この「ノルマンディー上陸作戦」の作戦開始日「Dデー」から6月6日で、72年を迎える。

オバマ大統領に謝罪を求めなかった被爆者団体の「我慢」

朝日新聞デジタル | 貞国聖子 | 投稿日 2016年05月25日

「謝罪を求めないのはなぜですか」「活動の基本方針を変えるということですか」と記者会見で質問が集中した。

オバマ大統領の広島訪問、式典に元米兵捕虜も参列

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年05月22日

犠牲者は被爆者だけでなく、日本・アメリカの両国に犠牲者がいることを米国内外にアピールする狙いとみられる。