団塊世代

Jamie McDonald via Getty Images

祝日歓迎論

筆者はこれまで新たに祝日を設けることに関心を持っていなかった。と言うより、どちらかと言えば不要論に近い考えを持っていた。やたら祝日を設けることに少なからず抵抗感があったのである。しかし、今回の海の日のイベントに参加して、今までとは違う考えを持つようになった。
Kodansha

「年の取り方がわからなくなった社会」と「コミュニケーション能力」

私がインターネットを触り始めたぐらいの時分から、以下のような発言をよく見聞きしました。「三十歳になってみたけど、思ったよりも子どもっぽかった」「実際に大人になってみたら、子どもと大して変わらなかった」こうした発言をみるたび、当時の私は強い違和感を覚えたものです。