独立

Martin Barraud via Getty Images

副市長より高い月給100万円、天草市が中小企業相談所長を公募中

これまで中小企業支援の補助・助成は整備されてきたし、商工会議所・商工会はじめ公的な中小企業相談所はずいぶんと整えられてきたわけですが、結局はそれを「担う人」次第ってことで、良い人材を確保すること自体が何より大事。この公募からも、そうした問題意識がみてとれますね。
 

最低の環境から、最悪の負け人生ゲームを、見事にひっくり返した男

Clarityというサイトをご存じだろうか。起業家たちにトップクラスの専門家のアドバイスを有料でもらうためのサイトだ。サイトのトップに、ある顧客の体験談としてこう記されている。「Clarityで100ドル使って専門家の電話アドバイスを受けたおかげで、30,000ドル(約300万円)の無駄なソフトウェアを購入せずにすんだよ」僕も自分のビジネスを始めたとき、肝心なことがわからなくて大いに悩み、相談する相手を探すことからとても苦労した覚えがある。
Jamie Garbutt via Getty Images

英国で新たな新聞界の自主規制組織が生まれる ー大衆紙の盗聴事件を受けて

大衆紙の大規模な盗聴事件発生への反省を機に設立される「独立出版基準組織」(通称「IPSO」=Independent Press Standards Organisation)だ。報道基準の遵守体制を厳格化し、巨額の罰金を科す力を持つ。先に自主規制組織として機能してきた「報道苦情処理委員会(「PCC」=Press Complaints Commission)」の後を引き継ぐもので、IPSOが発足次第、PCCはなくなる。