Election2013Phase

visualtriper

三宅洋平氏の落選は選挙制度のせいか?

7月21日に投開票された参院選に、環境政党の「緑の党」から出馬した音楽家の三宅洋平氏。比例区で17万票を獲得し、同じく比例区から出て当選した自民党の渡邉美樹氏、社民党の又市征治氏よりも票数が多かったので落選した。「参院の選挙制度がおかしい」という意見がネット上で拡散していたが、ハフポストの記事についたコメントでは「選挙戦略の問題」とする意見が目立った。

参院選を終えて

自民党政権はそんなに無能でもないし、民主党をはじめとする野党に地方組織はほとんど無いのに加え、彼らには谷垣元総裁のような存在もなく、その前途は誠に暗いというしかありません。「今度自民党が失敗する時は、それは自民党の終わりではなく日本の終わりなのだ」ということが、今ほど実感を持って感じられるときはありません。
時事通信社

渡辺美樹氏が滑り込みセーフ

参院選比例区の目玉候補と見られていた「日本維新の会」のアントニオ猪木氏(70)と、自民党の渡辺美樹氏(53)は2人とも当選したが、猪木氏が開票直後には報道各社が当確を出したのに比べると、渡辺氏の当確が出たのは明け方近く。まさにすべりこみセーフだった。
visualtriper

三宅洋平氏、なぜ17万票獲得で落選?

緑の党の比例区から参院選に出馬した音楽家の三宅洋平氏が、17万を超える票を集めたのに落選したことが、ネット上で話題になっている。三宅氏が所属する「緑の党」全体の得票が少なかったのが原因だが、三宅氏より得票数が少ない議員が続々と当選していることについて疑問視する声が広がっている。
時事通信社

自民圧勝が制約に?「族議員」はどう動く

参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集まっている。参議院は、さまざまな利益団体の利害を代表した政治家(いわゆる族議員)が多く、今回も多数当選している。これまで自民党は、参院で過半数を取れない、いわゆる「ねじれ」解消を最優先し、抵抗勢力とレッテルを貼られやすい族議員の活動を自制してきた面がある。自民優勢という声が大きくなる中で、選挙後は反TPPなど利益団体の活動が一気に顕在するとの見方が多くなっていた。
時事通信社

福島選挙区では森雅子氏が圧勝

自公過半数獲得、民主激減という結果に終わった参院選。原発問題に揺れる福島・福井、分裂選挙で大混戦となった岩手、「民主王国」と言われるほど民主党が強さを誇った三重、橋下徹・日本維新の会共同代表の旧日本軍慰安婦をめぐる発言で逆風が吹いた大阪、普天間基地移転問題が焦点となった沖縄など、ハフィントンポストが注目した地方選挙区の結果は果たしてどうなったか。
時事通信社

東京選挙区敗北なら幹事長辞任の意向

民主党の細野豪志幹事長は20日、参院選東京選挙区(改選数5)で議席を獲得できなかった場合の自らの進退について「私の仕事は東京選挙区をとることだ。すべての責任は私にある」と述べ、幹事長を辞任する意向を示した。東京都内で記者団に語った。
猪谷千香

「ネット世論」とはどんなもの?「無投票層」は何を思う?

日本で初めて解禁されたネット選挙。ネットを利用しているのは、政党や立候補者、有権者だけではない。その動向を取材するマスメディアでも、新しい取り組みがスタートしている。毎日新聞では、社会学者で立命館大学の西田亮介特別招聘准教授との共同研究プロジェクトとして、従来の世論調査と比較しながらツイッター分析を行なっている。また、朝日新聞では「#投票する?」という特集ページをサイト上に開設、ツイッターなどを活用して、有権者に投票する理由、投票しない理由を広く募っている。毎日新聞、朝日新聞の取材チームにそのねらいを聞いた。
時事通信社

自民単独過半数なるか

21日の投開票日の参院選の情勢について、報道各社が調査結果を報じている。「与党の過半数が確実」との報道が目立ち、自民党が単独過半数を獲得するかどうかに注目が集まる。各社の終盤情勢調査をみてみる...
時事通信社

橋下氏の維新、得票積み上げに必死

橋下徹共同代表(大阪市長)の旧日本軍慰安婦をめぐる発言などの影響で、苦戦を強いられる日本維新の会。本拠地・大阪選挙区では、トップ当選できるかどうかが今後の橋下氏の求心力を左右する、と地元議員らは総力戦だ。苦杯をなめてきた自民党は、参院選を機に橋下氏の力をそごうと攻勢を強める…
EPA時事

選挙の「争点」と有権者の関心はなぜズレる?

選挙前になると盛んに報道される「争点」。ともすれば、テレビや新聞各社の「世論調査」で浮かび上がる有権者の関心とは必ずしも重ならないことがあるが、こうしたズレはなぜ生じるのか。また、私たちは「世論調査」をどう活用できるのか。政治学者、東京大学先端科学技術研究センターの菅原琢准教授に聞いた。
Reuters

企業は「公明の抑止力必要」

7月ロイター企業調査によると、参院選挙について「自民・公明で過半数」が望ましいと考えている企業が5割弱にのぼり、「自民単独過半数」を望む企業を抑えて最も多かった。自民党に対する公明党の抑制力が必要との理由による。選挙後の安倍政権は憲法改正やTPP推進に注力すると予想しており、企業の要望する法人減税や規制緩和と必ずしも一致しないことも浮き彫りとなった...
Facebook

海江田氏、Facebook炎上でとうとう独自ガイドライン作成

海江田万里民主党代表は18日、自身のフェイスブック(Facebook)ページに、独自のガイドラインを作成した。「当Facebookページに対して、以下のような投稿を行うことは禁止します」として、「民主党、海江田万里を含む第三者になりすます行為」のほか、「民主党、海江田万里の名誉・信用を傷つける内容」や「建設的な議論を妨害妨げる行為」などを投稿することが禁止事項として挙げられている…

憲法9条、自民党の暴走を防ぐためにも

自民党の憲法改正案の9条では、現憲法から「戦争の放棄」という文言を削除し「安全保障(平和主義)」と変更。国防軍や領土等の保全等を盛り込んだ内容となっています。このような暴走を食い止めるためにも、今回の選挙での私たちへのご支援をお願いいたします。
時事通信社

「早期に普天間移設」と安倍首相

参院選の争点の一つでもある沖縄の米軍基地移設の問題で、沖縄訪問中の安倍晋三首相(自民党総裁)は、那覇市の街頭演説で「普天間の一日も早い移設を実現していきたい」と発言した。これは、日米政府が合意する名護市辺野古への移設を念頭に置いた発言だともいえる…