Fbi

マイケル・ムーア監督「民主党は国家非常事態を宣言せよ」

The Huffington Post | Ron Dicker | 投稿日 2017年03月23日

「トランプが犯罪捜査の対象となっている間は何一つ決めてはいけない」

トランプ大統領「情報漏洩者を今すぐ見つけ出すんだ」FBIを名指しで批判

The Huffington Post | Hayley Miller | 投稿日 2017年02月25日

「FBI内部にいる情報漏洩者ですら見つけることが出来ていない」

トランプ政権「ロシアとの接触、否定して」FBIに圧力? ホワイトハウスは否定

The Huffington Post | Mollie Reilly | 投稿日 2017年02月25日

FBIのジェームス・コミー長官とアンドリュー・マケイブ副長官に接触し、報道陣に「ロシアとの関与はなかった」と発表するよう求めたという。

クリントン氏のメール問題に対するFBIの対応、問題はあるのか? アメリカ司法省が調査を発表

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年01月14日
TechCrunch Japan

FBIの決定が覆ることはないが、今後さらに問題が発見されれば見直しの範囲が広がる可能性はある。

「トランプ支持派捜査官」のガス抜きか:FBI「クリントン再捜査」の裏面

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年11月08日
新潮社フォーサイト

長官には、FBIの内部事情で、形だけでも情報を公開しながら、捜査やり直しをしなければならなかった理由があったのではないだろうか。

「トランプが逆転した」、というのは大きな誤解ーFBI発表で高まる懸念

室橋祐貴 | 投稿日 2016年11月07日
室橋祐貴

ここ数日はトランプ氏とその支持者たちが息を吹き返したと、不安と歓喜でメディアが騒がしい。

クリントン氏の私的メール問題、FBI長官が訴追しないことを改めて表明 大統領選への影響は?

The Huffington Post | Sam Stein | 投稿日 2016年11月06日

選挙にどのような影響を及ぼすかは予測が難しい。

オバマ大統領、クリントン氏私用メール問題でFBI長官を暗に批判「不完全な情報による捜査はしない」

The Huffington Post | Ryan J. Reilly | 投稿日 2016年11月03日

「前回、FBIが徹底的に捜査した上での結論があるし、司法省も結論を出した」

クリントン氏の私用メール問題、有権者の投票行動にどれだけ影響するか

The Huffington Post | Ryan J. Reilly, Ryan Grim | 投稿日 2016年11月01日

コミー長官の決断がニュースを独占すれば、流れが変わる可能性がある。

「ヒラリーは罪人だ」:嫌われ者"クリントン、私用メール問題の捜査再開で一転逆風に

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部   | 投稿日 2016年10月31日

「人間的に冷たい」人物して毛嫌いする女性有権者も少なくない。

クリントン氏の私用メール問題、FBIと司法省で亀裂 司法長官は捜査再開の公表に反対

The Huffington Post | Daniel Marans, Ryan J. Reilly | 投稿日 2016年10月30日

連邦政府の法執行機関の間で亀裂が生じた。

クリントン氏、新たな私用メール問題で窮地に 「すぐに全部公開して」

The Huffington Post | Sam Stein | 投稿日 2016年10月30日

「当局はこの問題について一刻も早く説明する義務があります」

クリントン氏の私用メール問題、FBIが再捜査 トランプ氏「国民はちゃんと分かっていた」

The Huffington Post | Sam Levine | 投稿日 2016年10月29日

「ヒラリー・クリントンの腐敗はかつてないものだ」

ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題、FBIが捜査再開 大統領選に打撃

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月29日

「捜査に関連すると見られるメールを見つけた」

クリントン氏を国務省が援護? 私用メールの機密指定を解除するようFBIに圧力

The Huffington Post | Michael McAuliff | 投稿日 2016年10月19日

国務省がメールの機密指定解除の「交換条件」を提示した。

「お好きなトイレの使用を」――スパイの世界を変える「LGBT」

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年06月23日
新潮社フォーサイト

かつて、同性愛者のスパイは米国でも英国でも、敵に付け入られる「リスク」が高い、として禁止されていた。しかし時代は大きく変わった。

アップル・FBI問題が終わらない―〝暗号法案〟でバックドア議論再燃

平 和博 | 投稿日 2016年08月24日
平 和博

暗号への「バックドア(裏口)」を法制化するような内容に、IT業界や人権擁護団体だけでなく、議会内からも反発の声が上がっている。

ワシントンで不審死した「プーチン元側近」:FBIへの寝返り阻止?

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年04月27日
新潮社フォーサイト

なぜ元側近をこんなところで殺めたのだろうか。

iPhoneロック解除 日本企業、驚異の捜査技術

朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年04月26日

テロ容疑者が使っていたiPhoneの「ロック解除」を巡り注目を集めた、スマホ端末の内部データを捜査する「モバイルフォレンジック」と呼ばれる技術。この分野について世界最先端の技術をもつ日本企業のサン電子に取材しました。

iPhoneのロック解除、FBIが成功 サン電子の子会社が協力か

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2016年03月28日

アメリカ連邦捜査局(FBI)が、銃乱射事件の容疑者が所有していたiPhoneのロック解除に成功したと、司法省が3月28日に発表した。

FBIがアップルとの法廷審問を延期。iPhoneのロック解除方法を第三者から入手か

Engadget 日本版 | 投稿日 2016年03月22日
Engadget 日本版

この争いは銃乱射事件の捜査において、FBI が犯人の所持していた iPhone 5c に手がかりがあるとして、アップルにロックの解除を要請しているものです。

司法長官がテレビ番組でAppleに対するFBIの姿勢を擁護 その訳は?

TechCrunch Japan | 投稿日 2016年03月13日
TechCrunch Japan

問題の中心は、議論の対象がカリフォルニア州サンバナディーノで14人を殺した二人の銃撃犯の一人Syed Rizwan Farookが使っていたiPhoneであることだ。

アップルとFBI:「暗号は人権のツール」国連高等弁務官が動く

平 和博 | 投稿日 2017年03月07日
平 和博

アイフォーンのデータ保護措置解除をめぐる米連邦捜査局(FBI)とアップルの対立に、新しいキーワードが加わった。「人権」だ。

iPhoneの「バックドア」問題は、アメリカとEUの新プライバシー協定にどんな影響を与えるの?

平 和博 | 投稿日 2017年02月28日
平 和博

アメリカとEU間でなんとか合意にこぎつけたのが、新たな枠組み「プライバシー・シールド(プライバシーの盾)」だった。

ビル・ゲイツ「AppleはFBIに協力して、iPhoneをロック解除すべき」と主張

TechCrunch Japan | 投稿日 2016年02月23日
TechCrunch Japan

「これは特殊なケースだ」