不法移民

アムネスティ日本

映画『我々のものではない世界』/愛する家族と友人の姿から、パレスチナ難民の思いを丁寧に綴る

レバノンのパレスチナ難民キャンプ、アイン・ヘルワ。『我々のものではない世界』(2012年)は、そこで育ちデンマークへ移住した監督の父が遺したホームビデオから始まり、監督自身がキャンプに「里帰り」するたびに撮りためた映像を織り交ぜてキャンプの変貌と個々のパレスチナ難民の複雑な思いを描き出している。