外務省

河野太郎

日米の懸け橋

アメリカ国内で、産業界をはじめ中国への関心が高まる中で、やっぱり最後まで日本を向いてくれるのは、日系アメリカ人ではないかと、2000年ごろから外務省が全米各地から日系アメリカ人のリーダーを日本に招待するプログラムを始めた。