原発 作業員

【3.11】「被災地で働きたかった」福島第一原発で働く作業員 ルポ漫画「いちえふ」が伝える真実

The Huffington Post | 笹川かおり | 投稿日 2014年03月11日

原発作業員として働くとは、どういうことなのか——。今回は、震災後の2012年に福島第一原発の作業員として働いた経験を綴ったルポ漫画「いちえふ―福島第一原子力発電所労働記―」を「モーニング」で発表し国内外で大きな反響を呼んだ漫画家の竜田一人(たつた・かずと)さんに、原発で働くことになった経緯や、実際の作業、下請け雇用の実態などを聞いた。

東電「東京五輪で原発作業員が足りなくなるかも...」賃金1万円アップ

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年11月17日

福島第一原発作業員の賃金が増やされることになった。一人あたり1万円増加するという。しかし今後は、東京五輪の開催や国費の投入により、人材確保が難しいとの見方も出ている。どういうことだろうか。

原発作業員の防護服は「紙のようなもの」 ジャンパーも着られない理由とは

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年11月17日

放射性物質を通さない防護服は、原発作業員の命綱だ。しかし、防護服は「防寒」を想定して作られているわけではないため、冬が来ると、今度は「寒さ」が作業員に襲いかかる。防護服は見た目が「紙」のような、ペラペラのものでしかないのだ。

原発作業員の「違法雇用」と「過酷労働」

ロイター | Antoni Slodkowski、斉藤真理;編集 北松克朗、石黒里絵、田頭淳子 | 投稿日 2013年10月27日

福島第1原子力発電所の廃炉・除染現場で、作業員を蝕むもうひとつの「汚染」が進行している。不透明な雇用契約や給料の中抜きが横行し、時には暴力団も介在する劣悪な労働環境の存在だ。

福島第一原発作業員、通勤時間が片道2時間かかる人もザラ

The Huffington Post | 投稿日 2013年08月15日

福島第一原発では、乗り物による放射性物質の拡散抑制に、種々の対応を行っている。例えば、福島第一原発への出入りもその一つ。福島第一原発への出入りは厳重に管理されており、作業員の方も、東電が運行するバスによって通勤する。ところが、福島第一原発への通勤に片道2時間かかり、疲弊している作業員がいるとの声も出ているという…

元東電社員「このままでは新たな事故が起きる可能性」

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年09月22日

福島の原発事故時、現地で勤務していた元東京電力社員・吉川彰浩さん(33)が各地で公演を行なっている。福島で命懸けで作業していることを知ってほしいと、今も会社に残る東電社員たちや、作業員のかたたちの生の声、現状を訴えるべく活動しているという…