原発作業員

HuffPost Japan

【3.11】町民より廃炉・除染作業員の方が多い町の「生きる道」

福島県双葉郡広野町。福島第一原子力発電所から20km圏ラインのすぐ外に位置するこの町は、原発が存在しないにもかかわらず、震災以降は原発事故収束・最前線の町となった。町民が町に戻るためには何が必要なのか。将来を見据えてどのような舵取りを行うのか。2013年11月に行われた町長選で現職を下し当選した遠藤智町長に話を聞いた。
「いちえふ」竜田一人

【3.11】「被災地で働きたかった」福島第一原発で働く作業員 ルポ漫画「いちえふ」が伝える真実

原発作業員として働くとは、どういうことなのか——。今回は、震災後の2012年に福島第一原発の作業員として働いた経験を綴ったルポ漫画「いちえふ―福島第一原子力発電所労働記―」を「モーニング」で発表し国内外で大きな反響を呼んだ漫画家の竜田一人(たつた・かずと)さんに、原発で働くことになった経緯や、実際の作業、下請け雇用の実態などを聞いた。
Jun Hori

脱原発も原発推進も双方が知っておきたい原発収束作業の実態。元作業員が独自映像で実態を告発

東京都知事選挙で争点の一つとなった原発問題。 元原発作業員の林哲哉さんは、2012年の夏から秋にかけて東京電力福島第一原発の収束作業に携わった。私たちが普段知る事のできない、イチエフの映像や情報を元に現場の抱える課題を8bitNewsの取材に赤裸裸に明かしてくれた。
Getty

福島第一原発作業員、通勤時間が片道2時間かかる人もザラ

福島第一原発では、乗り物による放射性物質の拡散抑制に、種々の対応を行っている。例えば、福島第一原発への出入りもその一つ。福島第一原発への出入りは厳重に管理されており、作業員の方も、東電が運行するバスによって通勤する。ところが、福島第一原発への通勤に片道2時間かかり、疲弊している作業員がいるとの声も出ているという…