原発作業員

変貌を遂げた労働環境 人材を集められなくなる福島第一原発

吉川彰浩 | 投稿日 2016年03月13日
吉川彰浩

危険だからこそ出せていた高給与は今後望めなく、人材確保はお金で持って釣るようなことは今後出来なくなってきます。

除染作業員の健康問題 2014-2015年南相馬市立総合病院における入院患者の調査

澤野豊明 | 投稿日 2016年03月08日
澤野豊明

私は福島県南相馬市で初期研修医2年目をしている。以前から南相馬市の除染作業員の健康問題に興味を持っている。

和田千才

「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2016年03月18日

福島第一原発で女性が働き続けることへの不安はないのか。話を聞いた。

福島第一原発、事故前にはなかった花に何を見る?

吉川彰浩 | 投稿日 2016年01月01日
吉川彰浩

震災前であれば、作業現場に花を飾るといった事はありませんでした。

「被曝で白血病」事故後初の労災認定 福島第一原発の元作業員に

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2015年10月20日

福島第一原発事故の収束作業に当たった作業員が白血病を発症したことについて、厚労省は被曝(ひばく)したことによる労災と認定して本人に通知した。

福島原発事故「4年半」の現実(下)「除染ゴールド・ラッシュ」の果てに

新潮社フォーサイト | 投稿日 2015年09月19日
新潮社フォーサイト

福島・南相馬市の中心部、人影もまばらな夜の街に、派手な極彩色の看板がきらめく。

福島第一原発、安全管理の現状は?

河野太郎 | 投稿日 2015年09月05日
河野太郎

厚労省は、8月26日に「東京電力福島第一原子力発電所における安全衛生管理対策のためのガイドライン」を策定、公表しています。

信州・善光寺で「福島第一原子力発電所作業従事者安全祈願」が行われている理由

吉川彰浩 | 投稿日 2015年01月14日
吉川彰浩

善光寺では東日本大震災直後から、「東日本大震災犠牲者供養」、「東日本大震災被災地復興祈願」、「福島第一原子力発電所作業従事者安全祈願」が毎日行われています。

震災後から働き始めた原発作業員の方々が抱える問題

吉川彰浩 | 投稿日 2015年02月09日
吉川彰浩

震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。

震災前から働く原発作業員たちが抱える問題

吉川彰浩 | 投稿日 2015年02月01日
吉川彰浩

福島第一原発の早期廃炉は一地方の課題ではありません。日本の課題です。それゆえ彼らを社会全体が支えることが必要です。社会が彼らを支えるには、彼らが個人で解決することの出来ない問題を知り、解決へ働きかけることが必要です。

「原発作業員とひとくくりにしてはいけない」廃炉に取り組む作業員の方々についての理解

吉川彰浩 | 投稿日 2015年01月29日
吉川彰浩

私達「Appreciate FUKUSHIMA Workers」が発足されたきっかけは、福島第一原子力発電所で廃炉にあたる方々への理解が社会に浸透されず、それが理由により廃炉に支障が発生するほどの事態に陥ったことへ「歯止め」をかけるためでした。

台風18号、福島第一原発作業員が心配するのは原発だけではなかった

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2015年02月21日

台風18号の接近で、福島第一原子力発電所の状況はどうなっていたのだろうか。原発作業員が心配するのは原発のことばかりではなかった…。

原発作業員「世間から、忘れられたと思ってた」 自信を失いかけた作業員を支えたもの

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年07月03日

福島第一原発で熱中症にかかる原発作業員が相次いでいる。全国から応援物資を送る活動も始り、受け取った作業員は「まだ応援してくれる人がいた」と感謝を示す人が多いという。

東京電力、社員給与引き上げへ

The Huffington Post | 投稿日 2014年06月14日

東京電力の廣瀬直己社長は、6月13日の記者会見で、2012年から管理職で30%、一般職で20%削減してきた社員の給与を見直し、引き上げる考えを示した。福島県内で働く社員が対象となる。

原発作業員が休憩を取りたがらない理由【福島第一原発】

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年06月04日

福島第一原発で働く作業員にとって、厳しい夏がやってきた。熱中症防止のために、休憩を取ることが推奨されているが、休憩を取りたがらない原発作業員らがいるという。

福島の原発作業員の事故死 事故後の「救命対応」で改善すべきは?

水島 宏明 | 投稿日 2014年06月01日
水島 宏明

原発作業員の事故では福島第一原発の常駐医師はどのように対応したのだろうか。「常勤医師」の関与が気になって、東京電力広報部に取材してみた。

【3.11】町民より廃炉・除染作業員の方が多い町の「生きる道」

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年05月21日

福島県双葉郡広野町。福島第一原子力発電所から20km圏ラインのすぐ外に位置するこの町は、原発が存在しないにもかかわらず、震災以降は原発事故収束・最前線の町となった。町民が町に戻るためには何が必要なのか。将来を見据えてどのような舵取りを行うのか。2013年11月に行われた町長選で現職を下し当選した遠藤智町長に話を聞いた。

「いちえふ」原発作業員が描いたルポ漫画、第1話が無料で読める 英語版もFacebookに掲載

The Huffington Post | 投稿日 2014年03月11日

東日本大震災から3年。3月11日、漫画家の竜田一人(たつた・かずと)さんが描いたルポ漫画「いちえふ―福島第一原子力発電所労働記―」の第1話が、講談社のサイト「モアイ」上で公開された。

和田千才

【3.11】原発作業員を支える元東電社員と、事故収束・最前線の町

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2014年03月11日

原発がなかった福島県の広野町に、原発事故で大量の原発作業員がやってきた。この街で今起きていることは何か。原発作業員を支える元東電社員に聞いた。

安藤健二

【3.11】福島第一原発の収束作業現場は3年でどう変わったか

HuffingtonPost.jp | 安藤健二 | 投稿日 2014年03月10日

東日本大震災から3年目を迎えるに当たって、原発作業員は何を感じているのか。福島第一原発をとりまく状況は事故直後から変わったのか? 変わってないのか? 忌憚のない意見を聞いた。

【3.11】「被災地で働きたかった」福島第一原発で働く作業員 ルポ漫画「いちえふ」が伝える真実

The Huffington Post | 笹川かおり | 投稿日 2014年03月11日

原発作業員として働くとは、どういうことなのか——。今回は、震災後の2012年に福島第一原発の作業員として働いた経験を綴ったルポ漫画「いちえふ―福島第一原子力発電所労働記―」を「モーニング」で発表し国内外で大きな反響を呼んだ漫画家の竜田一人(たつた・かずと)さんに、原発で働くことになった経緯や、実際の作業、下請け雇用の実態などを聞いた。

原発作業員1万5000人、5ミリシーベルト以上の被曝

朝日新聞デジタル | 朝日新聞提供 | 投稿日 2014年03月08日

東京電力福島第一原発で事故後3年間に働いた約3万人のうち、約1万5千人が5ミリシーベルト超の被曝(ひばく)をしていたことがわかった。作業員の被曝は徐々に減ってきていたが、汚染水問題が発覚した昨夏以降に再び増加。厚生労働省は昨年末に東電を指導したが、被曝対策は今も不十分だ。

【3.11】「電気が役に立っているといわれたい」福島第二原発と戦った作業員の誇りとは 漫画が伝える真実

The Huffington Post | 笹川かおり | 投稿日 2014年03月10日

震災から、3年——。漫画家たちが多忙な仕事の合間を縫って、東北に足を運び、被災された方々の話を聞いて描かれた作品の第二巻が、2014年3月11日に単行本『ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災』として発売される。

脱原発も原発推進も双方が知っておきたい原発収束作業の実態。元作業員が独自映像で実態を告発

堀潤 | 投稿日 2014年04月11日
堀潤

東京都知事選挙で争点の一つとなった原発問題。 元原発作業員の林哲哉さんは、2012年の夏から秋にかけて東京電力福島第一原発の収束作業に携わった。私たちが普段知る事のできない、イチエフの映像や情報を元に現場の抱える課題を8bitNewsの取材に赤裸裸に明かしてくれた。

東電「東京五輪で原発作業員が足りなくなるかも...」賃金1万円アップ

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年11月17日

福島第一原発作業員の賃金が増やされることになった。一人あたり1万円増加するという。しかし今後は、東京五輪の開催や国費の投入により、人材確保が難しいとの見方も出ている。どういうことだろうか。