原子爆弾

「意見の重さを知って欲しい」 原爆ドームのイルミネーションについて、24歳のボランティアガイドが考えたこと

村上正晃 | 投稿日 2017年04月22日
村上正晃

原爆の悲惨さを象徴し、実際に建物の中でも多くの命が失われたこの建物の周りを電飾で飾るということに大きな違和感を覚えました。

原爆投下から終戦までの信じがたい経緯を!21年前の夏、子どもが誕生した日に考えたこと

飯村和彦 | 投稿日 2016年08月11日
飯村和彦

――もし僕たちが、50年前の日本に生きていたとしたら。

新潟がゴーストタウンになった日。知事が命じた「原爆疎開」

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2015年08月13日

終戦まであと2日に迫った1945年8月13日、新潟市はゴーストタウンのような状態になっていた。市街地はもぬけの殻で、人影は全くなかった。「次に原爆が落ちるのは新潟」と判断した県が知事布告を発令し、新潟市民の強制疎開を命じたからだ。一体、何が起きたのか。

アメリカが創り出した原爆言説――70年にわたる日米共犯関係を直視するために

シノドス編集部 | 投稿日 2015年08月10日
シノドス編集部

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」これは、広島市の原爆死没者慰霊碑の碑文です。一度は目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

戦後70年で核兵器はここまで威力を増している(インフォグラフィック)

The Huffington Post UK | George Bowden | 投稿日 2015年08月07日

70年で核兵器の破壊力がどれほど大きくなったかが、インフォグラフィックによって一目で理解できる。

【戦後70年】玉音放送をめぐるクーデター? 日本人が意外と知らない、戦争にまつわる7つのこと

The Huffington Post | Emi Kawasaki | 投稿日 2015年08月04日

今年、太平洋戦争の終戦から70年を迎える。この戦争はなぜ始まり、何人の命が犠牲になったのか?1945年8月15日になにが起きたのか?知られざる真実に迫る。

1945年8月7日、広島への原爆投下を世界はどう報じたか【画像】

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2015年07月31日

1945年8月7日、広島に原爆が投下された翌日、世界では新しい爆弾(原爆)に関する報道がトップ面で伝えられた。しかし日本では、原爆が投下されたことが暫くの間伏せられていた。

「記憶のコミュニティ」が紡ぐ原爆の記憶:「ヒロシマ・アーカイブ」制作ワークショップを終えて

渡邉英徳 | 投稿日 2014年08月24日
渡邉英徳

沖縄「慰霊の日」前となった6/20-22の三日間、「ヒロシマ・アーカイブ」の制作ワークショップを、広島女学院中学高等学校にて開催しました。

アメリカ最大級の核汚染「ハンフォード・サイト」

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月05日

ハンフォード・サイトは、アメリカで最も汚染がひどいと言われている核施設だ。原子爆弾作成のマンハッタン計画でプルトニウムの精製が行われた場所であり、その後の冷戦時代も精製作業が続けられた結果、アメリカで最大級の核廃棄物をかかえた場所として、その処理が継続されている。

オリバー・ストーン監督、原水爆禁止大会に参加へ

朝日新聞デジタル | 中崎太郎 | 投稿日 2013年05月27日

アメリカの映画監督、オリバー・ストーンさんが8月、広島と長崎で開催される原水爆禁止世界大会に参加する予定であることが、関係者への取材で分かった...