原子力発電

「東芝・WH問題」が蒸し返すインド「原子力発電」の問題点--緒方麻也

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月14日
新潮社フォーサイト

東芝―WH問題は、インド国家百年の大計ともいえる原発開発計画にも少なからぬ影響を与えつつある。

「大争議」以来の危機 「東芝」が引いたもう1つの「ババ」--杜耕次

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月06日
新潮社フォーサイト

「東芝危機」のマグニチュードに見合う前例を探すなら、敗戦後の「東芝大争議」しかない。

【3.11】福島・原発から7kmの請戸漁港に船が戻ってきた 「漁師に戻る一歩だ」大漁旗掲げ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月09日

「まだまだ俺の海ではないが漁師に戻る一歩だ」。

東芝が原発の建設工事から撤退検討 米国での損失7000億円規模か

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月25日

損失計上は、原発建設工事での費用が想定を大きく上回ったことが原因。

あの日あの時止まった時計、配達されなかった新聞...。 "ガレキ"が語る福島の震災

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月22日

福島の人々の息遣いを生々しく伝えている。

原子力の現実 〜 今や商業化前夜の核燃料サイクルと、夢の海水ウラン研究開発

石川和男 | 投稿日 2016年11月08日
石川和男

海水ウランが活用できるようになれば、日本のエネルギー自給率は飛躍的に向上し、日本のエネルギー安全保障の水準も相当上昇する。

志賀原発に雨水6トン流入、「想定外。安全機能失う可能性も」と規制委

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月19日

配管から雨水が流れ込むことは重視されてこなかった。

チェルノブイリで再び発電へ。だが、それは原子力ではない【動画】

The Huffington Post | ハフィントンポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月22日

2600平方キロメートルに及ぶ地域は汚染され、見捨てられてきました。

日本の原子力平和利用技術 〜 海外進出による収益確保は国益

石川和男 | 投稿日 2016年07月25日
石川和男

日本国内の原子力平和利用については、実にもったいない状況が続いている。なぜなら...

"再エネ大国"ドイツと、『原子力大国』フランスの比較(その3) 〜 日本が参考にすべきは、「フランス+ドイツ」

石川和男 | 投稿日 2016年07月11日
石川和男

ドイツのエネルギー事業者は、"脱原子力"に向けて相当の困難を強いられ、巨額の資金と経済活動の勢いを失った。

政治の監視が効かない原子力規制行政の"独走" 〜 元委員の要求を異例の特別扱い

石川和男 | 投稿日 2016年06月25日
石川和男

再計算結果によっては、大飯原子力発電所の再稼働が更に遅れる可能性がある。

ジルコニウムの全て

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年02月16日
ネイチャー・ジャパン

模造宝石から原子力発電所の設備まで、実に多彩な分野で活躍する40番元素ジルコニウム(Zr)。その特徴と用途は。

風力発電の能力、初めて原発抜く どういうこと?

朝日新聞デジタル | 石井徹 | 投稿日 2015年12月29日

世界の風力発電施設の発電能力は今年、4億キロワットを超え、原発を初めて上回ることがわかった。

原子力発電所事故の責任を問うことと、放射線被ばくによる健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない

Arinobu Hori | 投稿日 2015年12月26日
Arinobu Hori

現状は問題をあいまいにしたままで、既成事実の積み上げばかりが行われています。

福島とチェルノブイリ、事故5年目の比較 本当に帰還するべきなのか

森林文化協会ブログ | 投稿日 2016年12月19日
森林文化協会ブログ

「福島」と「チェルノブイリ」の5年目を比べてみると、向かっている方向が大きく異なることに気付く。

メルトダウンせず「核のゴミ」も出ない新型原子炉 その課題は?

TechCrunch Japan | 投稿日 2015年09月25日
TechCrunch Japan

より安全な核技術の確立と普及に努めようとしている新世代の科学者たちがいる。

「原子力規制委が弱腰だと思われるのは良くない」 〜 米国の元原子力規制委員会幹部

石川和男 | 投稿日 2016年09月13日
石川和男

国の原子力規制委員会(NRC)の元幹部で、東京電力・福島第一原原子力発電所事故に係る汚染水対策などに関して様々な助言を行ってきたレイク・バレット氏に御意見を伺った。

粉飾決算問題に揺れる東芝に迫る「債務超過」の危機とは

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年07月27日
新潮社フォーサイト

各金融機関の財務のプロたちの関心の的は粉飾決算の背景にある、膨れ上がった「のれん代」や「繰り延べ税金資産」の行方と、その先に控える"債務超過危機"である。

"原発活断層"から脱却する方法 〜 原子力規制委・規制庁は「前任者たち」と公開審議すべし

石川和男 | 投稿日 2016年06月30日
石川和男

規制委・規制庁は"評価書に反映済み"だとして、活断層の存在を認定するよう強引に突き進む気でいるのではないかとも危惧していた。ここに至って、この危惧は現実のものとなろうとしている。

再エネは「安い」のか?

澤昭裕 | 投稿日 2016年06月08日
澤昭裕

再エネを導入しても火力発電の固定費は回避できないので、再エネのコストと比較すべきは、火力発電の可変費だということだ。

原発ごみ処分地、国が「有望地」選ぶ方式に【放射性廃棄物処理場問題】

朝日新聞デジタル | 川田俊男 | 投稿日 2015年05月22日

原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の処分地選定について、政府は22日、公募に頼る従来の方式から、国が主導して選ぶ方式に転換する基本方針を閣議決定した。

データで見る世界の風力発電・太陽光発電市場の動向

松原弘直 | 投稿日 2015年04月07日
松原弘直

世界各地で導入が加速し続ける自然エネルギー。各種統計は発表されているものの、例えば中国が成長の牽引役となっている現在の状況は意外に知られていません。

時代遅れの「ベースロード電源」

河野太郎 | 投稿日 2015年04月05日
河野太郎

エイプリルフールも終わったはずの4月2日、自民党本部で原子力政策・需給問題等調査会が開かれた。

【選挙まであと2日】語られない「原発」 明言避ける候補者たち

朝日新聞デジタル | 関根慎一 | 投稿日 2014年12月11日

衆院選で「原発」が語られていない。安倍晋三首相は11日、来年に再稼働が見込まれる九州電力川内原発の地元で演説したが、「原発」という言葉は使わなかった。再稼働をめぐって党内で意見が割れる民主党の海江田万里代表も積極的に発言しておらず、選挙戦を通じて原発再稼働の議論が深まらない。

電力5社、再生可能エネルギー受け入れ再開へ

朝日新聞デジタル | 西尾邦明 | 投稿日 2014年12月11日

太陽光など再生可能エネルギーの新たな受け入れを中断していた大手電力5社が、年明けにも契約を再開する見通しになった。経済産業省は、電気が増えすぎた場合に、太陽光や風力の発電量を電力会社が調整しやすくする方針だ。